IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > BOGEY YOKOYAMA Birdie Wo Mezase


★ボギーの日々★ 〜横山修史のBLOG〜 by Ameba



 
ボギーのタックルボックス その1

梅雨明けです。日中の気温も30度を越え夏本番です。
今日は、夏用タックルのスタンバイ!!夏の昼間は、シェード、カバー狙いと回遊狙い。そして、朝夕のトップ狙いなど、タックルボックスの中はルアーがいっぱい。
ボギーのサマー用、タックルボックスの中身を紹介したいと思います。

ボギーのタックルボックス、VS−3080!

1列目に入っているのはトップウォーター系!
朝夕のトップウォーターには、カズラやデビルリッパージンガで水面を派手にアピール。早朝は、フィールドに一番プレッシャーが掛かってない状態。警戒心も緩み、水温も低く、活性の高いバスが勢いよくバイトしてきますよ。

朝夕は派手に楽しくカズラやジンガで!

昼のトップウォーターにはジライヤやリビングケローで楽しむ事ができます。


日中は、バスもシェードに潜みベイトが来るのを待っています。ヒシ藻や浮き草の上をゆっくりと操り人形???のようにフロッグを跳ねさせるとビッグバスが飛び出て来ます〜。

フロッグを喰ってくるバスはデカイですよ!

2列目にはIKクランクシリーズ、ISシリーズがビッシリ!
アウトサイドベンドや橋脚など水深があり流れが当たるエリアに最適です。水深、水色で細かく使い分けるので多めに入れています。ボトムか?サスペンドか?シャローか?エリアに合わせ深度別に使い分けます。これからの時期、台風、大雨で濁ったりすると目立つ膨張色、チャート系を使うことが多いですね!

チャートは必需品です!

ボギーのタックルボックスの中は、いつも整理整頓です。ルアーを出したり入れ替えたりチェックに厳しいボギーです。
次回は下列、下段も紹介しますので見てくださいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ