IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ミックオーナーズカップ

今年も恒例のミックオーナーズカップが開催!

ゲストも賞品も豪華!
なので参加者は本気モード全開で、しっかり練習をし本番に挑む人が多いです。
なにせ優勝すると年間保管代金が無料になりますからね。
その他にもビックリするような賞品もついてきます。。。

さて今年のミックオーナーズカップの優勝者は、イマカツホームページでもおなじみの南君でした。

さすがですね。。。
南君は、トップ50に昇格できる権利を持ってながらも昇格しなかった経歴もある実力者です。
琵琶湖でもガイドもやっているので優勝するのは納得です。

寒い寒波後で少し暖かい日の開催だったのですが、湖上はボートだらけのキツいプレッシャーの中で行われました。
いいポイントには多くのボートの船団ができ、キーは朝にいかに早く釣るかみたいでした。
その中、IK-400Rをメインにし南君は6キロ近いウエイト。
この時期の6キロは実に凄いウエイトです。
ここにきて不調だったクランクが調子よくなってきた感じで、上位者のほとんどがクランクメインでした。
クランクを引くには面倒だったウイードも少なくなってきて、ようやくクランクの時期に突入した感じです。


ただ、必ずと言っていいほど日によってムラはあるので、クランクを一日引く根性がないとこういったクランクの展開は難しい。
コンスタントに釣れる日も、もちろんあると思うけど、クランクは一日の中でほんの少しの時間帯にバタバタって釣れることが多いルアー。
場所に、水深に応じたクランクをその場で選ぶのもいいですが、この深度の、このクランクを一日使いきる!決めごともアリです。
決めることによってルアーに合う合わないがよくわかってくるし、このクランクの使うタイミングってのが自分なりにわかってくる。

どこで?何を狙って?なんで?って言う疑問。
人に聞かれても釣れたキモはなかなか言葉にはできない。
でも必ず何かキーがある。
その何かのキーを自分で見つけ出すことは、無駄なことを精一杯やらないと理解できないことが多い。
駄目なこと、良いことをを判別するためには比べて試すことが大事です。

本格的な冬に入り、12月は激寒みたいな予報が出ています。
1、2月のほうが暖かいと予報では出ています。
当たるかどうかは知りませんが、荒れることが多い時期なので事故などに十分注意し釣りをしましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ