IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
今年も残りわずかです…

あと少しで今年も終わろうとしている。
年末に向けて釣りどころじゃない方も多いと思います。
釣り納めはいつになるでしょうね?
初釣りはいつにしようか?と考える人も多いでしょう。
他の趣味を持っている方々は、暖かい春までバスフィッシングは封印って方もいると思います。
正月明けからさっそく釣りに行く方もいるでしょう。
暖かい日が続くとはいえ、さすがに1月に入ると寒い日が続くでしょう。
暖冬になってきているので多分ですが…
天候にもよって湖に出れない日もあるし、岸釣りも風ビュービューで釣りにならない日もある。
冬の琵琶湖の岸釣りは、ボートよりも人が多いのが最近の傾向です。
岸釣りなら、今の琵琶湖は減水状態なので場所は限られるかもしれない。
深い水深が岸近くにあるエリア、そして風裏になりやすい場所はそうはない。
漁港などもその中に入るけど釣り禁止も多いし、駐車する場所の問題もあって難しい。
やはり南湖なら浜大津周辺、そして北湖なら急深が岸に近い場所。
とにかく、水温変化の激しい日が続く場合はかなり口を使わなくなる。
今なら暖かい日が続いて良いように思えるが深夜はかなり冷え込む。
日中も深夜もさほど気温が変わらない寒さが続いて、水温も低くてもしばらく安定するほうがバスは口を使いやすい。
そして、バスの居場所がはっきりしやすくなってくる。
寒くなると当然バスは釣れにくくなるが、寒いから全く釣れないってのもない。
春、夏、秋に比べ当然釣れるベースは極端に落ちるシーズンだけど、冬は冬なりのベースがある。
冬のベースは一日1本釣れたら上出来です。
ボーズってのがベースかもしれませんが…w


でも、釣れない冬のイメージですが時には大爆発する時もある。
それは、今まで僕の経験上では雪の日が圧倒的に多い。
しかも、大雪注意報が出るような日。
周りは真っ白で、ボートの上もあっという間に積もってしまうような日。
ボートを出す前からそんな状態だと危険なこともあって湖に出る気もなくなりますが…w
大雪が降る日は、風も波もない鏡のような状態が多い。
視界も当然悪くなるので、人間の気配も消えるんでしょうね。
って言っても、最近の琵琶湖南湖は雪が降らないのでなんともいえないですが…w
そんな日は、特にシャローでの釣果が出ることが多い。
冬だから、寒いからと言ってシャローは捨てないように。
冬ではデカバスの一発はやはりシャローに多い。
冬に使うルアーは自然にしぼられてくる。
巻くならクランク、スピナーベイト。
ボトム狙いならテキサスよりもジグの方が実績は高いかもしれない。
そして、外せないのがシャッド系だろう。
好きなルアーで場所を回って反応を見て行くか、場所に合わせてルアーを選ぶかになる。
どちらを選ぶかが問題になるけど、一番駄目なのはどっちつかずだろう。
一つのルアーを信じて使い込むことが、冬は特に重要なことです。
冷え込みきった冬の場合だと、ライトリグにして普通に釣れるって状況はかなり少ない。
ライトリグもジグも釣れるのは同じ確率になってくるだろう。
だったら操作感がしっかりしていてボトムもしっかりとれるジグが有利なのが僕の考えです。
まだまだライトリグに手を出せば、場所によっては数釣りができる状態の琵琶湖。
本格的な冬に入れば数釣りもできなくなってくる。
バイト=良いサイズが冬なので、小さいサイズの姿が消えるまでは本格的な冬とは言えない。
マリーナにボートを保管している人は、雪が降る日は特に要注意です。
大雪になると、雪の重みでカバーが破れてしまう。
大雪が降って、雪が溶けたらカバーは悲惨な状態になっている光景は何度も見たことがありますからね…
湖へ出る前日は、必ず天気予報はチェックしましょう!
荒れるのが当然と思って天候変化には十分に気をつけて楽しい釣りを楽しみましょうね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ