IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
サスペンドを追求する2

風が強いと止めてもラインは風で流されてしまう。
流されると言うことはルアーも動いていることになる。
そうなるとサスペンドの意味もなくなってしまう。
風が強いとどうすればいいのか?
ちょっと巻いただけで潜ったり動いたりするルアーは使いにくくなる。
風を利用し、ラインを張ったまま止められるルアーは何か?になってくる。
単純に大きなサイズのサスペンド系にしてもいい。
この場合は少し浮くサスペンド系ではなく、スローフローティングの方が使いやすくなったりもする。
そう、ライザーなんですよね。

IK-500R2
 

ミノー系の話なんだけど、クランクを使ったっていいんです。
風に逆らうのは無謀なことが多いです。
風を利用した釣り方をしっかりしないといけない。
なので、この場合だとIKクランクやHUクランクの出番が出てくることが多くなる。
小さいサイズのサスペンド系の天敵は風です。

IK-400R2
 

風を利用できるほどの便利な風ならいいが、強風となるとルアーも飛ばないし、止めることも難しくなってくる。
風によってルアーを変えていくことも大切です。
風を利用すればクランクもサスペンド系として利用できますからね。
投げやすくて水かみもいいしね。



ワームを使ってる時と同じで風が強いと軽いリグだと何をやってるかわからなくなる。
そんな時はシンカーを重くするような感覚で、このようにサスペンド系も変えていく手もあります。
こんな釣り方もありますよ!
試してくださいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ