IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ゴールデンウィークの琵琶湖

待ちに待ったゴールデンウィークに突入です!
バスフィッシングにおいても最高のシーズンです!
が…
ここ最近の不安定な天候で、春らしくない天候が続いています。
琵琶湖では大雨、寒波、大荒れ、強風によって水温低下に濁りなどが加わり、例年とは違う顔を見せる琵琶湖になっています。


例年でのGWではシャローでは多くのネストが見られるのですが、今年は水温低下と濁りによってどうなるかわからない状態です。
しかし、ここ数日間で濁りが取れて水温も上昇していくと一気に例年通りになっていくと思われます。
その日はいつか!?
今のところGW後半が濃厚なような気がしますね。
Tシャツ1枚で過ごせていた日までは順調にバスを手にすることができていましたが、雨と同時に寒くなって防寒姿になるほどでした。
それと同時に状況も悪化…
ここにきてようやくシャローへ簡単に釣れるバスが入ってきたので、本番はこれからといった感じです。


さて、今年の琵琶湖はとにかくベイトが豊富。
ここまでベイトが各エリアで大量に魚探に写るのを見るのは約10年振り!?でしょうか。
大げさに言うほど今年の琵琶湖南湖はベイトが大量です。
琵琶湖の状態がよくなってきた証拠なんで嬉しいことです。
このベイトによってバスの動きが左右されることが多かったので、つい最近まではボディーウォーターやチャンネル付近に滞在するバスが多く見られました。
これが昨年までとは少し違う点です。


なので例年とは違う攻め方が効果的でしたが、これからは一気にシャローからミドルレンジに標準は変わっていきます。
それと同時に沖のアフター狙いも有効になってきます。
シャローではサイト、少し沖ではプリ、沖ではアフターとプリ狙いなど、様々な狙い方ができる時期になってきます。
ルアーも様々な種類が使える時期ですが、どんな状態のバスを狙うのかによって変わってくるので、狙うバスをしっかり決めることが大切です。
天候不安定な日が続いているので、穏やかな日でも急な天候悪化に十分注意して楽しみましょうね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ