IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
濁り対策を…

先日の大雨の影響で琵琶湖は濁った状態です。
今日は、どんな状態か知りませんが…
南湖なら北湖の水が入ってくるので濁りがどんどん入ってくることになる。
南湖の河川からも濁りが入ってきてるけど、北湖からの濁りもあるので綺麗になるには時間がかかる。
琵琶湖大橋を超えて目立つのは真野川と野洲川の濁り。
北湖西岸は北へ少し行けば水質はクリアーになるけど、東岸は遠浅な地形もあって濁りはきつい状況だ。
この濁りが南湖へ入ってくることになる。
琵琶湖は、北から南へ流れていく。
出て行く河川が1本しかないので、南湖の濁りの影響は避けられない。
水門が開きだすと一気に水質が回復するけど、水不足になりそうな時期なので水をずっと抜くことはなさそう…
北から南へ流れるので、河川の南側はきつい濁りが発生することになる。
河川が岬のように張り出し、下流側がワンド状になって入り込んでいる地形なら、そのワンドは南風が強烈に吹かない限り濁りの影響は少ない。


昨日の朝は、濁りがそこまできついとは思わなかったけど、北湖へ行った帰りは水門が開いたのか綺麗な水と汚い水の境目がハッキリわかるほどになっていた。
こんな状況でも、探せばクリアーな水質があるエリアはある。
ワンドの奥でウィードのインサイドが代表的な場所。
沖は、その場で探さないといけないけど、強烈な大雨が降らない限りはどこかにあるはず。
出来る限り綺麗な水質を探す。
ないなら出来る限り水質がマシなエリアを探すこと。
地道な作業だけど、これが釣果につながることになる。
最近では、下物の浚渫も終わって濁りが発生しにくくなった。
下物の沖にはハンプがあって、そのハンプの上にウィードが生えている状態。
そのウィードが壁となって、比較的綺麗な水があることも忘れてはいけない。
濁りで大事なことは、普段よりもタイトに丁寧に狙うこと。
濁りの影響で普段では見えてたヒョロっとしたウィードが見えない…
その濁りの中で見えるウィードは貴重な狙い目となることが多いです。
特に単独で背の高いウィードが生えていて見えるなら必ず狙うことです。
濁りが発生してるなら、かなりの高確率でバスを手にすることができる。
昨日もそうでした。。。
流れが発生している河口付近では、濁りは気にせず狙うこと。。。
普段、流れが発生しない河口付近では、雨によってできた流れにたくさんの魚を呼ぶことが多い。
バスにとって濁りは、人間で例えると空気が悪い、視界が悪いといった感じだろうか。
バスにとっての濁りの基準は、そのフィールドの普段の水質が基準となる。


霞ヶ浦のようなマッディな水質でも食うんだから、琵琶湖も食うだろうって思ってしまうけど、霞ヶ浦のような水質みたく濁ってしまえば超苦しいです。
過去に何度も経験したけど、濁りの基準って大切だと思います。
普段の水質がどんな程度なのかも覚えておくことが大切です。
濁りが発生したとは言え、何がおこるかわからないのがバスフィッシングです。
想像以上に、予想以上に普通にやれば入れ食い!なんてこともある。
広い琵琶湖なので、エリアが変われば水質も変わる。
常にどのエリアも同じ釣り方ってことにはならないことが多い。
ただし、濁りはタイトに丁寧に最初はやってみることが大切です。
バスの状態を見極め、何が適切な狙い方なのか答えを出していく。
そして、最初はセオリーを守ること。
雨が降ればシャロー。
そしてトップ。
セオリーと言っても、ずっと雨が降ってなくて降り出す最初のタイミングならセオリーはばっちり合うことが多い。
例えば、先週に大雨が降って濁りがとれないままの再度の大雨だとセオリーが通用しないこともある。
大雨の影響で湖が濁る。
どこが濁りの影響が少ないエリアか?
どこが濁りを出さない河川なのかを知るのも今後の得でもある。
これを知ることによって、無駄な動きをしないで効率よくバスを釣ることができる。
濁りに強いと言われるルアーをこういった状況で試してみるのもアリです。
なぜ?その効果を知ることも大事です。
特殊な状況になるので、ルアー選択はやはり状況があってこそになることが多い。
カラー選択も大事です。
ウィードがメインの琵琶湖南湖。
この時期は、片寄った釣り方になることが多い。
濁りが発生することによって、いつもと同じような釣りでは通用しないことが多くなる。
様々な状況に対応できるために多くのルアーが存在することも忘れてはいけない。
強烈な濁りのエリアで、どうやってバスを絞り出すか!?やってみることも経験として、ステップアップとして価値があるかもですね。。。
僕は、過去にさんざんな目にあってるのでやりませんが…w
うまい人は釣るけどね。。。
粘るってことも忘れずに…
バスフィッシングは、考える発想と行動が大事ですからね。
状況が悪くても、気楽に考えて楽しく釣りしましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ