IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
そろそろはじまるかも!?

台風9号が接近…
明日は荒れて駄目だろうな〜って日。
タイミング的にはバッチリ!?そんな日に、シャローメインでやってみました。
当然ながらの雨。
水面に出てくる雰囲気バリバリの日。
爆発を期待し、スピッツを投げまくる。
が…
不発…
出るには出るけどサイズが小さい…
水面が駄目ならスタッガースリムノーシンカーで水面直下をスローに引いてやる。
雰囲気は抜群なのに水面直下のほうが圧倒的に釣果が上だった…
何故…
スタッガースリムはノーシンカーでも後方重心なのでベイトで飛距離が出る。
フォールさせても普通に釣れる便利アイテムです。


相変わらず沖にはボートの数が多い。
シャローはガラガラの独り占め。
ウイードだらけで敬遠する方も多いけど、バスは相当な数がいる。
ウイードのトップが丸見えだけにバスがいないって一目瞭然ってなってしまうけど、ボートが近づく前に逃げてることが多いので、実際には多くのバスがいます。
梅雨が長引いた今年は今になっても真夏と言える日が長く続くことがないです。
なので、水温も例年みたいに上昇することがないため、シャローではウイードの外にもいる確率が高い状態。
実際にここ最近ではスピッツやスタッガーのような水面&水面直下を引けるルアーが好調です。
こんなウイードだらけの場所にいるの!?
そんな場所に普通にフラフラ泳いでます。
そんなバスはやる気のある奴ばかりなので、ルアーを通せば一発で食うことが多い。
雨が降れば連発なんて多々あることだけに、雨の日はかなり期待してしまうのだ。
でも、暑い真夏のような日が続いての雨なら最高だけど、水温が上がりきってない状態での雨は濁りの方が勝ってしまってバスの活性が落ちることもある。
まさにそんな日でした。
数は釣れてもサイズアップするエリア、釣り方がなかなかつかめない。
この時期の沖はムラも多いしね。
で、毎年この時期に活躍するモジャオテキサス。


つい最近も使っていましたが、例年通りの釣れ方がやってこない…
こんな雨のタイミングでどうかな?って思ったけど試してみました。
一発で50cmオーバー出てきました。。。
他はサイズはバラバラだけど、バイトも安定してある。
やっとはじまってきたかな!?
モジャオテキサスが活躍するのは真夏の晴れの日。
晴れれば晴れるほど釣れる感覚がある。
シャローのウイードメインで、シンカーウェイトは7〜9g。
ペグ止めはしない。
釣り方は簡単でウイードの穴やすき間に入れていくだけ。
ヘビーカバーはシンカーが軽いので貫通しません…


晴れれば晴れるほど釣れるって言うのは晴れたらウイードの穴がよくわかることと、やはりシェードに入る確率が高くなること。
モジャオは水の中での抵抗が多いため、ある程度重いシンカーをセットしてもスローフォールする。
ペグ止めしないのは先にシンカーを落としモジャオをノーシンカー状態で落としてやる感覚。
穴に入れてバスがいれば効率よく食ってくる。
投げやすく、狙いやすく、水の中では食わせ的な要素があるリグとして僕はこの時期には定番として多様しています。
ロッドはガンスリンジャーにアブのレボ。
ラインは東レのフロロライン20lbをメイン。
キモはキャスト後にラインテンションはダラダラにして、ステイ時間を長くとること。
テキサスだけどノーシンカーを使ってるイメージで。


シャローと言っても広いです…
僕がよくモジャオテキサスを使うシャローは、岸から50m以内の範囲ばかりです。
あまりにも藻だらけ…
見た目でほとんど誰も釣りをしようともしない…
でも、これからの真夏になるとその中でも奇麗なウイードや水質、深みがあるところにバスが確実につく。
毎年モジャオを釣れだすのは最初は普通にポロポロって感じ。
今年は遅いです…
で、暑くなればなるほど釣果が良くなっていくのが特徴です。
もうはじまるかもしれませんよ。。。
ガラガラなシャローで一度試してみて下さい!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ