IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
秋のビッグフィッシュ攻略法

琵琶湖はターンがキツくなっている状態です。
まだワームでポロポロ釣れる間はそんなターンがキツくなってない状況で、ターンが本格的にキツくなるとワームでは
なかなか釣れなくなる。ただ水面系ワームだけは別。最近、琵琶湖での試合はないけど毎年、この時期の僕のパターンの組み方は何パターンかある。
水面系ではスタッガーオリジナル、生産中止になったスピッツで徹底的にフィーディングスポットを探っていくやり方だ。
スピードはその場で調整し純粋に補食しているバス達を狙っていく方法。これは湖全体を走り回らないと駄目だけど当たれば一瞬でその日のトップウエイトは軽く出る方法だ。リスクは大きいけど見つかれば天国。このやり方は昨日釣れた場所だからって今日は釣れないってことが多い。なのでその日だけのポイントを探していくのだ。

もう一つオススメなのはシャローのビッグフィッシュ狙い。特に河口周辺のウィードインサイドの砂地に点在するウィードパッチをノーシンカーで落として狙っていく方法。底、ウィードが丸見えでバスが見えなくてもいる時にはいる。これがこの時期からはマジででかいバスばかり。単発なのだが強烈なバスが狙える方法なのだ。ただし今は減水しているので効果あるかどうか?簡単に説明すると白い部分が広がってるエリアに黒い部分、少ない部分にノーシンカーを落としていく。落としてかなり時間は待ったほうがいい。黒い部分、ウィードが多ければ逆に白い部分、砂地を狙っていく。

ターンが本格的に始まればメインになるのはやはりハード系ルアーになる。
代表的なのはクランク、スピナーベイト。ターンが本格的に始まるとでかいバスはいったいどこに行ったの?って思うほど小さいバスしか釣れなくなる状況になる。特にフィネス系のワームを使うと永遠にチビサイズしかでないってことも・・・。
ここで水面系で重要なことを。水面系で食うバスは単純に補食としてのバスが多い。フィーディングに入ってるバスは水深関係なく水面を意識してるのだ。ここで重要なのがこの時期のバスは上を向いていることが多い。上を向いているバスを狙うならルアーはボトム狙いじゃ釣れないってことだ。逃げるベイトは追って食うけど逃げないベイトは食わない。不思議と水面を意識しているこの時期のバスはそうなのだ。
なので水面系でリトリーブ中にバスが追う姿を見てもルアーのスピード変化は必ずそのままにすること。むしろルアーの速度は逃げるかのように早めたほうがいい。これはかなり重要なキーになるので覚えておいていただきたい。ルアー速度を上げると自分の立ち位置までの距離が短くなることが多い。もう少し距離があったら・・・。悔しい思いがよくあるのだ。それをなくすようにしようとするとボートポジションは今までの1.5倍以上とることをオススメする。こうなるとルアーそのものの飛距離が重要になるのでルアー選択もシビアになる。

そしてもう一つ重要なのがルアーの動き。スタッガーワイドはロール系なのだがあくまでも直線の動き。スピッツは余計なダートをなくしベイト独特の直線の組み合わせの動きを求めたルアーだ。まっすぐ引けるルアーはそうはなかなかないのだ。スタッガーの場合は水面直下で使う事が多く水面にヨレがでるかでないかの微妙な層で引くので純粋なベイトを演出している。スピッツの場合は小さなカップが小さな水を前に飛ばし複数、2匹のベイトを演出し逃げ惑うベイトを演出している。こういった純粋な補食のバスに対しての動きが最も水面系では重要になるのだが他に重要なことがもう一つある。
それは好奇心だ。水面系で好奇心を出そうとするとまた違う動きが必要になる。好奇心をあおるベイトを演出したのが
ジャバロンだと僕は思う。
ウッドでビッグベイトと同じような動きのジャバロンだけどウッドではできない動かし方ができる。それは高速リトリーブだ。
ウッドのビッグベイトでは高速ではなかなか引けない。それがジャバロンでは可能。単純だがこの動きは水面系ではかなり有利になる。
スローに引けば引くほどバスにとっては発見しやすいが見破られることがかなり多い。スローに引いた場合、動きが大きければ大きいほどよほどいい条件じゃないとバスに簡単に見破られるのだ。特にクリアー系はそうだ。
ビッグベイトの動きが見破られないようにするのは高速が不可欠だ。ジャバロンがいい点はここにあると僕は思う。ジャバロン、スタッガー共に集魚力は抜群だ。集魚力は抜群でも肝心なバスが食うきっかけは最後には見破られないスピード変化がある。そう一番肝心なのはそのルアーがスローでも高速でもどんなスピードにも対応できるってことだ。
スピードを自由自在に操りバス、状況に合わせ逃げるベイトを演出することが水面系では大事です。
単純にバスに発見されたら逃げないベイトはいない。発見されたら逃げるようにスピードを上げることが一発で食わす秘訣?かもしれません。これは水面系に関わらず水中でも同じことです。想像することが大事です。
あっ、発見された!と思ったら一瞬スピードを上げる。これはルアーを演出する本人が演出家にならないといけない。
偽物のルアーを本物に似せることは特に動かないワームほど演出がかなり重要になります。

あとはもう一つカラー。カラーは何がいい?って疑問だけど水面系の場合は正反対のカラーを最低でも2種類は持っておきたい。特にチャート系は必ず持っておいて下さい。オススメです。
バスから見たチャートじゃなく人間からよく見えるためのチャートです。ちょっと波があったり雨が降ってたり曇りの場合はチャートがかなり効果的です。 元々よく釣れるカラーだけど人間からルアーが見えるってことはバスの存在がかなりはやく見極められます。チャートは好き嫌いに分かれると思うけどクランクやスピナーベイトでもよく使われるカラーです。ワームでは最近では使われることが多くなったけど昔はチャートなんて使う人は少なかったからね。
反射の意味もあるけどチャートは僕も必ず持っているカラーで投げる率もかなり高いです。無難にウォーターメロン系がやはり投げる率が一番高いけどチャート系を使う率は2番手になるほど使用率が高いです。

そろそろターンも落ち着きよく釣れる時期がくると思う。こういった水面系の釣り方をお客様の要望次第でガイドでも実践しています。しかし当て物、博打なので好調は続かない。その場で探すことがこの釣り方の基本になります。
これから僕のガイドでは水面系、スピナーベイト、クランク、ノーシンカーといった釣り方がメインになることが多い。
どれが当たるかはその日次第だけどコロコロ毎日変わる秋のパターンは様々な釣り方ができて面白い時期です。
よければ機会があれば僕のガイドも来て下さいね。
問い合わせはミックバスクラブ(電話077-579-0570)までお願いします。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ