IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ちょっとした差

ホントに…
本当に…
暖かくなりません…
陸の上では暖かい日もあるんですが、湖の上では未だに防寒着を着ることが普通です。
しかも雨も降ったりして、濁りも常に入ってる状態が続いています。
一昨年、昨年と比べても、この違いは何?って思うほどです。
過去の流れを先行してチェックしていっても、暖かい日になれば当たることはあっても、なかなか例年通りのパターンがしばらく続くことが非常に少ない琵琶湖です。
ようやく、ここ最近になって例年通りの釣り方が再現できるようになった琵琶湖ですが、問題は波や風の影響が大きくて場所が限定されることが多いです。
バスが一気に大きく動く春なので、時にはシビアにフィネスを投入していかないと対応できない日もあります。
しかし、そのフィネス(ライトリグ)を使っても「何やってるかわかりません」ってほどの状況(風や波)が多いのも現実です。
風や波の状態で釣りが“できる、できない”ことがある琵琶湖。
決して甘くみてはいけないし、いつも危険と隣り合わせってことを忘れてはいけないです。
一瞬で大荒れになることも多々あるので、ちょっとした状況変化をいち早く予知し、状況判断することも、快適に楽しい釣りを楽しむために大事なことです。
荒れる日が多いので濁る日も多いです。


同じルアーを使うにしても、ちょっとしたカラーの違いで釣果の差が出ます。
先日からよく書いてる、ジャバスティックのバイオレンスシャイナー。
やはりこのカラーだけは高反応の時が多いです。
定番カラーのグリパンやウォーターメロン系でも釣れるには釣れます。
けど、一日釣りをして、最近は釣果の差が出てるのは結果から出ています。
ちょっとした差です。
少しでも濁りで目立つカラーだからかもしれません。
このちょっとした差が、短時間では数回バイト数が増え、一日としての時間で見ると圧倒的にバイト数が多いってことになります。
ルアーのカラーだけではなく、タックルセッティングでもちょっとした向上で、やりやすさや、使いやすさにつながり、全体的にバスを釣る確率が上がることになります。
比べるには全く違う世界ですが、たった1キロのスピードアップを目指すために、全ての部品のグラム数を減らしていきクオリティーを上げていく。
小さな部品一つで見れば、たった0.00…g減の成功かもしれませんが、全部の部品を合わせると1%向上する。
F1の世界はそんなものと聞いたことがあります。
バスフィッシングの世界も同じことで、全ての気配りがあってこそ“釣れる”に確実につながってきます。
タックル類もそうですが、ボートポジションもそうです。
全てでベストを目指すと釣果は自然にあがってくるものです。
ちょっとした違いでの釣果の差。
もしかして使わないカラーこそ、今の状況に合っているカラーかもしれません。
様々な状況に対応するべきために、ルアーもカラーも豊富にあります。
そのちょっとした違いを見つけるためには最終的には釣果です。
このちょっとした違い。
他にもあると思いますよ。。。
まだ続くジャバスティックバイオレンスシャイナージグヘッド&ヘビダン。
釣れるから使う。
単純な理由です。
濁りでもクリアーでも好調です。。。
是非お試しあれ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ