IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
水面&水面直下が面白い時期!

例年に比べて進行が遅い?とは言え、シャローにいるバスや水面近くにウロウロしているバスは食い気のあるバスだ。
梅雨時期に僕自身よく使用するルアー達を紹介します。

デビルリッパージンガ

毎年紹介していると思うけど、ジンガに出るバスはド派手だ。
一度味わえばやみつきになってしまうのがジンガ。
琵琶湖では、これから沖にウィードの頭が出始めてくる。
特に浚渫のハンプ上に伸びたウィードの周りを攻めたり、フラットウィードを広範囲にジンガで探っていく。
きつい雨なら強いアクションをしてなるべく目立たせるようにする。
潜るか潜らないかの速度でただ巻きもいいです。

梅雨の定番と言えばポパイスィーパースティック。

ノーシンカーで使う。
何年経っても効果は薄れない。
キャストして少し沈めてからチョンチョン…ステイ…チョンチョン…ステイの繰り返し。
手返しもよく数&サイズも期待できる。
フラットウィードや高低差のあるウィードエリアで使用する。

リップライザー

ミノーに効果がある時はずば抜けて効果的なことが多い。
巻いてもいいし、止めて浮かしてもいい。
水深に関係なく広範囲にウィードエリアを探る。
ハマった時の威力はズバ抜けてるルアーだ。
水面&水面直下にイマイチな反応ならば出番。
食ってくるサイズも平均サイズが大きいのが特徴。

スタッガーオリジナル5、6インチ。

シャローや沖のウィードエリアでノーシンカーで使用。
減水しているシャローでは、トロロ状のウィードがあって使えるルアーも限定される。
一見釣れなさそうなトロロ藻だらけのシャローでもやる気のあるバスがいる。
水面直下を一定速度で巻く。
時には水面まで伸びているウィードを乗り越えて、バズ感覚で使うのも効果的。

スピッツ

今はもう販売してないルアーだけど、今年の琵琶湖はベイトが豊富なので、効果は早い時期からでている。
高速リトリーブで食わしていくのが基本だけど、追ってきて食わないバスには一定のスローな速度で食わしていく。
今年、ハイドアップで復刻の予定。

ジンクス

最近は情報も早く、情報で場所に多くのボートが集まる。
その多くが沖エリア。
この時期からシャローは特にがら空きになることが多い。
沖が不調でシャローで普通にジンクス投げて、普通にコンスタントに釣れることが多々ある。
数&サイズも当然期待できる。
最近は東岸シャローエリアがオススメです。
雨や風が吹けば迷わず投げる。

ジャバシャッドIS-Plus

サイズ関係なく苦しい展開ならこれを投げる。
こんな簡単な楽な釣りはない。
投げてフォールさせて、アクションをつけて浮かしての繰り返し。
これでも食わなければ“ジッ”としてバイトを待つ。
派手な釣り方のイメージが強い琵琶湖なので、こういった系統のルアーはなかなか表には出ないが、投げたら本当によく釣れるルアーだ。
強い釣りを通して苦しい展開なら、スローな展開で一度バスを釣ってから落ち着いて再度チャレンジすると気持ちも変わってくるはず。
弱い釣りだからサイズが…なんてことは決してない。
数も出るし、サイズも期待できる両立したルアーだ。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ