IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
気まぐれな秋のバスを効率よく探す方法とは[パート1]


広く速くが秋の基本。
スタッガースコーンリグもクランク感覚でサーチ。

スコーンリグの波動を変える事で
更にバイトを伸ばせることもあります。



前回、秋のビッグフィッシュパターンの一つを紹介しました。
ビッグフィッシュを取るパターンはいくつもあるけど問題は場所です。
春はワンド、夏は水通しがいい場所、秋は?秋の僕が考える場所はやはり岬がかなり重要になります。
秋のバスは広範囲に広がる傾向があるのですが、大事なことは食欲の秋ってことで、ベイトの動きを読むことが大切です。
この時期のベイトはバス同様に広範囲に動き回ります。そのベイトの位置によりバスの場所が変化する。ベイトについて回るバスはスクールが多いのが特徴です。
秋は急変が多いので、同じ場所にこだわらず
ベイトを追って移動を繰り返そう!
問題の場所ですが、秋は岬と岬を結んだアウトサイドのフラットエリアが一つ狙い目になります。この間にベイトがいればいい釣りができる確率が高くなります。リザーバーでも岬と岬の間のディープフラットが狙い目になります。リザーバーでは水深が深いってこともあり使用するルアーはメタルジグが多くなります。バーチカルで狙うことが多いです。

岬と言っても岬に変わる何かでも同様の釣りができることが多い。
琵琶湖では例えばエリとエリの間のフラット。大きく考えると、南がワンドとして見ると、ど真ん中エリアも狙い目になります。
他には目に見えないストラクチャーの間。例えば防波堤と見えないストラクチャーの間。リザーバーなどでは岬と立ち木や岩と岩の間など基本的には狙う場所としてはストラクチャーをタイトで狙うのではなく間がキーになります。
そしてもう一つ岬と岬がはっきりしているワンドの最奥。ウィードのインサイドも単発ながら狙い目となります。
ワンド出口のフラットでビッグバスが出るのも秋の特徴。
琵琶湖で例えれば今であれば岸に近い場所はウィードだらけです。その岸際でウィードの生えてない場所がいいです。肝心なキーを言えば、岸に近づけばもちろん水深は浅くなるのが当たり前ですが、岸に近い深いエリアを探すことがキーです。
全体的に浅い水深なので少しディープ、深い場所があるところはかなり狙い目になります。こういった場所はバスにとってフィーディングスポットとなります。
まとめると秋で大事なのはフラット。ストラクチャーがあればなおさらいい。で、ニアディープ、ディープが近いこと。そしてそのエリアに必ずベイトがいることが条件になります。
基本的にこれらの場所はベイトの通り道になることが多いです。バスを探す前にベイトの通り道を探すことがバスを見つけるきっかけになることが多い季節です。
ボトムの変化やピンスポットにこだわると失敗しやすいもの秋の特徴ですね。
とにかく餌探し、これが秋の最も大切な基本です。
秋のビッグフィッシュは難しいけど当たれば連発!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ