IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
旧吉野川プリプラ

旧吉野川プリプラへ行ってきました。
お盆の真っ最中から開始ってことで、旧吉野川は多くのボートで賑わっていました。
なのでプレッシャーは相当なものだったと思います。
数年前の旧吉野川は大量のウォーターレタスがあって昨年はそれを人力で撤去。
昨年は少し…ほんの少しですが、残ってたりしてバスにとっては絶好の隠れ家になっていた。
今年は…
なんにもありません…
昨年はそんなちょっとしたカバーにダイナゴンのテキサスを入れるだけで簡単に食ってきていた。
雷魚も連発したりして…
今年も相変わらず雷魚はよく食ってきましたが…


今年はウィードが流れ着いてカバーになってる場所が非常に少なく「あった」って思っても少ししたら撤去されてるほどです。
昨年もいいカバーがあったのに、次の日になると綺麗さっぱり撤去されて、数カ所のいいスポットがなくなったり…
様々な釣り方が存在する旧吉野川だけど、カバーはビッグフィッシュ狙いには最適なだけに悲しい現実。
それでもカバーはビッグフィッシュ狙いに必要なことには変わりないだけに、ダイナゴンは必ずセットしていて、プリプラでもキッカーになるほどのバスを何本か手にしている。
雷魚も…w
カバー狙いの他、橋脚狙いはやはり昨年に引き続き人気です。
ウィードも昨年とは当然違う生え方をしているので、昨年と同じ再現性を求めるのも難しい。
テトラやカレントやリップラップなど様々なポイントがあるけど、その中で何が一番美味しいのかは流れや増減水がある以上、毎日変わってしまう。
そう…何が一番確実かってことが、なかなか絞れないのが旧吉野川を始め、川の特徴です。
渋い状況でフィネスでもなかなか食わない状況でも、知らぬ間に巻物が有効になってることだってある。
過去の旧吉野川戦では何回も裏切られてるだけに、今回は裏切られて当然の考えでプリプラを進めていった。

昨年は自分の好きな釣り方が出来て楽しかったです。
 

面白いように昨日は連発したエリアは、次の日は全くバイトもない沈黙の連続。
続く原因、沈黙する原因を追及することを前提としたプリプラを行ったけど、最終的には全く理解不能…w
なんなんでしょうね…
当たれば天国、外せば地獄。
試合中は必ず誰かが大当たりを引くはず。
それを予想し、大当たりさせないと勝ち目はない。
怖がらないように、できるだけ自分の好きな釣りができる試合にしたいと思っています。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ