IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
TOP50旧吉野川戦

TOP50旧吉野川戦が終わりました。
昨年のように初日をどうクリアするかが、最初のキーになるってことで、プリプラを行いました。
昨年と同じようにはならないのは当然で、ウィードの高さや位置も全く違うので、場所も微妙に変わるのも当然。
昨年のように巻物で勝負することを前提にして、プリプラ&直前プラを行ったけど、プリプラ&直前プラも巻物で好調を維持していました。
ただ昨年と違うのはサイズが大きくても体格は痩せているバスが多くて、試合に近づくにつれてキロ以下のバスが食ってくるようになった。
昨年の悔しい結果に対してリベンジをするためにも、昨年と同じリグで今回も続行しました。
練習時は、ダイナゴンのテキサスや、ワッパーノーシンカーで巻物ではとれないバスをフォローしていたけど、巻物はやりきっていかないと結果がでないので、やらないことに決めた。
これが予選通過した良い原因になったか、もしくは悪い最終結果の原因になったか、どっちかはわかりません。
プリプラ&直前プラでは、スピニングタックル(ライトリグ)での釣ったバスはゼロ。
それだけ巻物だけで釣ったバスが多くて、精神的にも巻物じゃないと釣れないって感覚になっていた。
不思議ですね…
巻いたら釣れない…って普通はなるかもしれないですが、ライトリグでは釣れる気がしない…なんて。


巻物で大事なのは、こういった自信、投げ続けられる自信をどうやって作るかなんです。
なので、今回は巻物じゃないと釣れる気がしない…って感覚まで持っていった、持っていけたことに対しては自分にとってはプラス面でした。
数時間バイトもない状態が当たり前のように続くのが巻物の世界。
当たる時は連発する。
その連発するタイミングに当たるためにも、投げ続けることが大切。
誰も知らないエリアがあるんだったら最初から有利かもしれないけど、誰でも知っているし、エリアも広くない。
しかも、プレッシャーも相当な中で行われるために、タイミングは凄く大事になってくる。
そのために良いポイントやストレッチは何度も何度も入り直すこと。
水位の変動もあったりするので、数時間経てば別のポイントになっている可能性も大。
初日はエンジンがかからなくなったり、バスが死んだりして精神的に辛かった。


サイズは小さかったのが誤算で、4本でウエインして43位スタート。
まさか昨年とほぼ同じウエイトで、同じ本数で、同じ順位スタートになるとは…
昨年と同じようにリズムもタイミングも試合本番で合わなかった。
2日目は初日と同じように、スタッガー4インチ、5インチのテキサススイミングでやり通しギリギリで28位で予選通過…
決勝は、たったワンバイトで撃沈だった…
結果は悪いけど、最後までやり通せたことは、今の自分には今後の大きな自信になった。
怖がったらできない試合の巻物。
昨年の方が圧倒的に釣れる状況だったけど、一日通して5本食わす状況にあるならやり通せる状況だ。
さすがに最終日はここまで減水するとは思わなくて、さすがに「自分は間違ってる」って感じましたが…
でも、28位の位置につけてる自分にとっては、ビッグウエイトを狙わないと上位に上がるのは苦しい状況だった。
たった5本どころか、たった1本を釣ることが難しい状況だった。
試合をうまく展開するには、取りこぼしのないように他のリグを複合させていくのが通常かもしれない。
旧吉野川は、巻物だけで勝負できるポテンシャルを持つフィールドだからできること。
人為的なプレッシャーが相当かからない限り、強い釣り方が通用する素晴らしいフィールドだと訪れるたびに感じます。
バスのサイズもでかいしね。。。
地元の方達の大きな努力があって、素晴らしいフィールドになってきています。
いつまでもこの旧吉野川を大事にしていきたいですね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ