IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
[パート2]見つけた場所で何をどう使うか、秋のルアーの操作法


クランクは凄いポテンシャルを持っている。
それを引き出せてるのは極僅かな人だ。



本格的な秋のシーズンはターンが完全に終わってからです。
ターンが終了するとベイト、バス共に活発に動き出します。
湖がいい条件になるとボイルする姿があちこちで見かけるようになります。
目に見えるベイトやバスもかなりキーになります。ディープになると魚探は不可欠になりますが、比較的浅い水深なら
一番大事になるのは目で見た観察力になります。
少しでもベイトが跳ねたとかボイルがあったなら、その周辺を徹底的に狙う事がいいでしょう。
秋の狙い方としては春みたいにタイトに狙うのではなく、なんとなく周辺を狙うことが正解になることが多いです。ストラクチャーを狙うのではなく、その周辺を狙うことが正解になります。もちろんストラクチャーを狙ってもそれに付いてるバスも当然いますが、それらを真っ先に釣り上げてしまうと回りのバスが警戒心を持ちせっかく釣れるはずの周りのバスが釣れなくなります。ストラクチャーに付いてるバスよりも周りにいるバスの数のほうが圧倒的に多いのが秋の特徴です。
秋はポイント関係なくベイトがポイントとして考えたほうがいいでしょう。
場所が決まると秋に使うルアーは限られてくることが多いです。
キーとしては逃げる、追う、見せるになります。逃げ惑うベイトを演出すること。
逃げるベイトは追う。そして逃げ場を失ったベイトとしてバスに見せることがルアーの動きとしてキーになります。
この3段階に合わせたルアーをセレクトする条件として、まずはまっすぐに近い動きが出せることと高速スピードに対応できること、そして止められるルアーである。これらが僕が思うキーになっています。
追うことが多い季節なのでバスは基本的に上を向いてることが多い季節です。バスよりも目線は上に通るルアーを選ぶことが大切です。これはベイトを意識しているバスを狙うならばってことですけどね。
基本は巻くだけ。巻いてスピードに変化をつける。そして層を狙うことが大事です。ディープになればなるほど層はかなり重要になります。
魚探でベイトを見つけたら基本的にはベイトの上を狙うことが大切です。発見させてバスに追わすことを考えます。
こういったことを考えるとルアーでセレクトするのはオートマティック的なスピナーベイト。これは様々な層をトレースすることができるので有利になります。この時期はロングキャストすればするほど有利になるのでウエイトは5/8オンス以上をよく使用します。個人的に好きなスピナーベイトとしてはSR -124やD社のスピナーベイトなど。スピナーベイトは外見は同じように見えても使うとかなり違います。同じダブルウイロータイプでも落ちるフォーリングスピードが違ったりもします。フォールで狙う場合はこの落ちる速度がかなりキモになることが多いです。なので様々なスピナーベイトの種類を持つことをオススメします。
その他にスイミングとして使用するワーム系はデッドリンガー、ジャバロン、スタッガーオリジナル。これをテキサスで使用。これらはこの時期効果的なバイブレーションの代用に使うことが多いです。
バイブレーションの早さではバスがついてこないような状況ならば、これらをテキサスで使用しシンカーのウエイトでスピードを調整していきます。これを広範囲に投げて巻いてバスを探していく方法です。
ラバージグ、特に僕の場合はフットボールタイプを多様しますがウエイトは3/8オンスでこれをスイミングで使用します。投げてまずはボトムまで落とし上へ浮くようにアクションを加え落としていく。これをワンキャストで何回も繰り返していきバスが食う層を探していきます。
バイブレーションのようにバスを広範囲の場所で探すサーチベイトとして探すこともありますが秋には他に大切なのは
どの層で一番バスが食うのか?を探すことが大切になります。特に深い水深ではこれをまず探すことが先決です。
バスがいる層、食う層がわかれば、その層を徹底的に狙っていきます。

そして最後のルアーはクランク。イマカツとハイドアップで進めているクランクベイトプロジェクトではこの時期のテーマにばっちりハマるクランクを進めています。秋以外でも春、夏共に強烈に効果のあるクランクテクニックでそれに対応できるものをテストしています。
この時期では先ほど書いた逃げる、追う、見せるのキーワードにあうルアーはクランクがかなり広範囲に応用できます。最後の見せるというキーワードはクランクが一番適しているのも一番効果的なルアーの理由となります。
クランクプロジェクト第一弾プロト。
見事に外してしまいボツ決定。
見た目では何がキモかわからないのが僕のクランクの秘密。
こんな感じでシーズナルパターンに合わせ同時にどの季節にも対応できる便利なクランクを考えてるわけです。
ってことでクランクの話は途中で色々なことで遠回りになりましたが、こういった考えの元で作られています。
次からはクランクについて段々深い話を書いていきたいと思います。現在、今江さんと新コンセプトのテムジン・クランキングロッド??の秘密開発中です。プラグは次のプロト品完成待ちなのでもう暫く待ってください。
現在ロッドもルアーも鋭意開発中!
クランクだけに留まらない今までにない
マルチパーパス・ロングロッドを今江さんと共同で開発中です。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ