IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
琵琶湖の様子

さてクランクの深い話の前に、琵琶湖の状況について話をしたい。
クランクのテストをしているのだけど、ここ最近の琵琶湖の調子はよくない。
ちょうどクラシック河口湖の前日に琵琶湖では冷たい雨が降って気温も一気に下がり水温も低下した。湖も荒れたせいか湖に多く大量にあったウィードも少しなくなった。
なくなったっていっても、なくなって欲しい場所はなくなってない。まだ湖には大量のウィードが残ってる状態です。
クランクのテストをしようたってクランクが通用するような状況じゃないのがツライところです。
岸へ行けばウィードがありすぎて引けず、沖へでればウィードが少しなくなったせいか、今のクランクじゃ届かない水深ばかり。
湖へ頻繁に出ては状況の変化を期待してみてるけど、どうも変化ってものがない。
クランクではなかなか釣れない状態だけど、ライトリグやれば数は釣れる状況。これだけバスがいるのにクランクじゃなかなか反応しないのはなぜ?
南湖は特に巻物は反応悪く北湖は巻物には反応がいい。
この差は何なのか?
今の琵琶湖はお手上げ状態です。
デカイバスを釣るのがかなり難しいです。交通事故的なものがない限りは釣る自信がない。
でも、今の状況では凄く勉強になる。巻き続けて反応する状況変化が何か答えを探してみたいのだ。
今の時期、何をやっても駄目な時って、バスは相当スローか相当浮いている場合が多い。
スピードが違ってるのか?層、レンジが間違ってるのか?
一つ合えばいい釣りができるのだが・・・。
小さいバスはアホみたく数釣りができるけどデカイバスは運!?琵琶湖は広いからどこかで爆発してると思うけどね。
南湖よりも今は北湖に魅力ありです。
絶対釣れる方法を探してやるぞ!!!






HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ