IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ギルネストを狙うバスを狙う!

最近ハマっていたのがギルネストを狙うスポーニングから回復したバスのサイト。
早く回復したバスほど、でかいバスが多い。
ギルネストの周囲を囲むように、60オーバーが複数本ギルを狙っている姿は迫力ありすぎです。
このギルネストを狙う方法は、先日行われたTOP第2戦旭川ダムの初日トップウエイトを出したパターンと考え方はほぼ一緒。
旭川ダムで狙った水深は深いのでレンジは違うけど、泥底が多い旭川は底質が良いネスト場は貴重。
浅いレンジでのネストはあったとしても深いレンジのネスト場はなかなかない。
見つけたのが水深4mのギルネストだった。
見えないけどバイトの出方がギルネストでした。
このギルネストの周囲には必ず、でかい回復したバスがいるはずと言う考えだった。
どっちにしても底質の良い場所には必ずバスもいると言う考えでしたが・・・
4本で6キロ超えのトップウエイトを出したルアーは、アンクルゴビー3インチのダウンショットと、スタッガー3インチヘビダンでそれぞれ2本ずつ釣った。


春はシャッドテール強いですね。
ギルにもあまり食わさないように細かいパーツがないのも使う理由の一つです。
ギルを捕食するバスを狙う面白い釣り方だが、琵琶湖ではよくメインにしているリグはスタッガーワイド4インチヘビーダウンショット。
そのまんまギルのシルエットなのでバスの反応が高いです。
そしてもう一つ。
シャローのサイトではハドルフライ3.5インチ。
こちらもヘビーダウンショットでギルを狙うバスを狙う。
これでゲストが琵琶湖で2日連続60オーバーを手にした。
ハドルフライとワイド4インチのコンビで、50後半のバスは数がでるほどハマる日もありました。
沖ではワイド4インチヘビダンでは65cmの10ポンドオーバーも出た。
シャローも沖も、この二つのルアーは絶好調。。。
しかも出ればデカイですから、楽しくてしょうがないです。。。w
ギルネストは狭い範囲に作られている。
その周囲を囲むように、時には真ん中を優々と泳ぎ何かのきっかけで狂ったように食い出すバス。


目の前の60オーバー達がギルを食う瞬間が見えるのは凄いです。。。
その一瞬のフィーディングで食わせることが必要なのだが、問題はそのフィーディングがいつになるのか。
いつまでも待つこともダメなので、スタッガー4インチヘビダンでギルネストのど真ん中に入れて、リアクションでギルをビビらすと…
それで一気にバスのスイッチが入ったりするんです。
小さなワームを入れるとギルの餌食で、ワイド4インチを入れるとギルの友達感覚?
みたいなものです。w
先日はドシャローってこともあったのでウィードの際にハドルフライをステイさせておき、フィーディングに入ったときにワンアクションを入れて見つけさせ食わす。
一瞬の判断でバスが食うか食わないかが決まるみたいで、そこで見破られると一切食わなくなる。
そんな時に有効になったのがハドルフライのリアルカラーでした。
その一瞬でまるで本物感を出すことがバスに口を使わすキモでした。
リアルカラーは反則的ですね。w
この一瞬の判断でこそリアルカラーが生きる。
してやったり!って感じでした。。。


周囲にはギルやバスの他に、たまにベイトが入って来たりしていたのも状況にバッチリ合ったんでしょうね。
ワイドでスイッチを入れてハドルフライで食わす。
これが逆になった日もありました。
ギルを狙うバスは見ているとホントにギルに恨みがあるかのようです…
バスがネストを守っているとき、ギルが卵を食いにきていたことを恨むかのようにギルネストの周囲にバスが群がっています。w
バスがギルに対し、お前〜あの時はよ〜やってくれたな〜!
なんて台詞が聞こえそうな光景です。w
例年に比べて約2週間遅れている感覚の水の中ですが、ここにきて一気に夏に入ってきました。
ウィードは伸びまくりで夏感覚でも水の中はまだ春の気配を残しています。
ギルネストを狙うバスはでかいですよ〜!
シャローでは見て探すことが大事です。
そして学ぶことです。
その見えた情報を見えない沖でやってみるといい結果がでます。
見えない世界を見える世界のようにするためには、見て学んで感覚や感触を得ることが大切です。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ