IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
琵琶湖はそろそろデカバス復調か

まだ琵琶湖は難しいです!
湖にはよく出てるのですが最近のメインは南湖じゃなくて北湖にしています。南湖の状況は未だに変わらず難しいです。ウィードも多くて水位が低いので見えるウィードだらけで釣れる気がしないです。
水深2メーターある場所でも水面から50センチ下はウィードだらけなのでシャローを見て回ってもバスの姿を見ることはなかなかできません。
例年なら、水位が高いならシャローのウィードインサイドが面白いのですが、やはりウィードジャングル。岸に近い深い場所はマリーナやミオ筋ぐらいしか南湖は見当たりません。マリーナにしても釣り禁止なので釣りはできないのでシャローはとてもツライ状況です。少しでもウィードのない部分があればバスが溜まることが多いのですが・・・。
型の南湖、数の北湖ですが北湖では数釣りも最近はシビアになってきています。
ここ数日でかなり小さなバスが少なくなってきて数を釣ろうとしても、いいスポットを見つけださないと数釣りはできなくなってきました。エリアによっては数釣り可能の場所もまだありますが、小さなバスが減った、移動したかわりにデカいバスが狙いやすい状況に変化してきたように思われます。

毎回、ほぼ同じルートで北湖を回っているけど特に西岸は変わってきました。あるエリアでは小さなバスばかりだったのがでかいバスばかりになっており水質もかなりクリアーになっていました。
でかいバスはいるものの口を使わすことはなかなか難しくフィーディング時にピッタリ合わないと釣れません。東岸エリアも一気にバスが入れ替わった場所もあってこれからが面白そうです。

アマゾンフリップが大活躍!
この時期にハメたいのがクランクだけど2.5〜3メータークランクよりもシャロークランクが有利な状態です。これが今の僕の悩みなんだけど釣れなきゃクランクのテストもできない。バスに聞くこともできない。今、作ってるクランクはミディアムレンジなので根本的にレンジが違うのだ。これだけタフになってターンもキツければバスは浮く傾向にある。季節は秋でバスは元気なくてもフィーディング時では基本的には上を向いている。
バスの目線の上を引いてくることが今は大事なのだが、これとは別にスピードの問題もある。上を引いてもバスがそのスピードについてこれないことが多いのが今のタフな状況。これが難しい。これをクランクで取ろうとするともちろんシャロークランクが有利だがウイードが少なければミディアムクランクが有利になるのは絶対なのだ。このことは覚えておいて下さい。これが僕のこれから話そうとしているクランクテクニックでとても大事なことになりますので。
ってことで不調の琵琶湖から絶好調の湖へ行きたいと思い仕事も関係なく遠征に行ってきました。巻物でコンスタントに釣れてる湖を求めて行ったけど・・・。
巻いたら釣れません!たまに釣れても小さなバスばかりでした。僕が入った前日から一気にターンが始まったみたく湖の水は死んでいました。
そんな中でどう楽しんだか?次回書きたいと思います。クランクテクニックもそろそろ書きますよ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ