IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
今のベターな条件とは・・・

寒いですね〜。
陸の上でこんなに寒くなると水の上ではもっと寒い。人間も寒いけどバスも同じように寒いだろうね。
暖かいシーズンでは活発に動いてたバスは人間同様にこの時期は動きが鈍くなる。
こんな寒い時期にバスはどうやって釣ったらいいのか?ってよく考えることだ。
はっきり言って難しい。冬は釣れたらデカイってよく言われます。
寒くなると小さなバスは極端に口を使わなくなる。その分、体力があるデカイバスが釣れる確率が高い。
比較的デカイバスを確率よく釣れるのは冬だろうね。
小さなバスがまだ釣れてるようならまだまだ本格的な冬じゃない。
琵琶湖でも本格的な冬はまだまだ先。今はまだ小さなバスの活性が高い。
高いっていっても日ごとにどんどん活性は落ちている。
現在の琵琶湖は数釣りの状況は狙ってないのでよくわからないけど、全体的に厳しい状況だ。
今の時期にいい条件は何かというと、冬は暖かい日がいいって言うけど、今は晴れるより曇ったほうがいい。
減水でウィードもまだまだたっぷり残ってる状態なので、太陽の光が出ると丸見えになってしまう。
水は悪そうだけどウィードが多い分、水面からウィードトップまでの水深は浅いので、光がでるとプレッシャーがかかりやすくなり釣りずらくなる。
太陽が出てる時は意外とクリアーに見えるのだ。太陽がでると魚探には魚が写らなくなることが多い。
曇りだと魚は比較的写るようになる。
ウィードが多いので光が出ると中に入ってしまうんだろう。
とにかく今の南湖はウィードが多い。その中に多くのバスが入ってると思われる。やっかいな状況なんですよ。
そして風があるよりは無風のほうがいい。風があるなら多い南風よりも北風のほうがいい。
減水してるので見込みはないけど水門が開き、湖に流れが発生する日。
これは来年の春までなさそうです・・・。
時間帯は、朝は悪く昼からのほうが圧倒的にいい。
簡単に言えばこんな条件が今はいいってことですが、一番の問題は波。
今の時期、これからの琵琶湖はよく荒れることが多い。
風裏を探しながら移動することが多い時期で目的のポイントで釣りが全くできないってことも普通にある。
荒れると琵琶湖は海状態です。
特に北湖では風が吹いてて無風になると注意したほうがいいです。
無風になってから風の向きが変わって一気に大荒れになることが多いのだ。
荒れてからだと帰るのに大変で危険なので天候の変化には十分注意することが大切です。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ