IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
クランクテクニック その1

それではいよいよ今回から、以前言っていたクランクテクニックを話していきますね。
クランクは投げて巻くだけ。サーチベイト的な方法が基本。それもクランクの大きな武器であり、今後も変わらない基本だろう。
しかし、クランクと言っても数多くの種類が存在する。トップに近いクランクから、ディープまで攻略できるクランクがある。

かなり形になってきましたよ。ヒデクラ。
今シーズンには絶対間に合わせたいです。
形や大きさ、素材まで色々あるクランクだけど、まずは大事なのはバスのいるであろうレンジに長く通してやることだろう。これが一番重要になってくる。
いくらいいクランクを使ったとしてもバスのいるレンジから遠いと全く効果がなくなってくるからね。
水深2メーターなら水深1.9メーター潜るクランクを使えば単純にトラブルなしでトレースできることになる。
でも基本はボトムノックをすることとよく言われる。なぜボトムノックをするのか?大きな理由としてバスに与える存在感が必要なのだ。
バスに対して、エサはここにいますよ!って知らせるきっかけの一つだと思っていい。
常にボトムノックしては根がかりばかりで・・・。ってことになる。場所によってクランクは種類、深度、スピードなど細かく変えていく必要のある奥の深いルアーなのだ。
例えば水深1メーター前後のシャローであれば、バスの絶対数は限られてくる。バスは一カ所にいても浅いと数多くはいない。よくいても小規模のスクール程度なこと多い。簡単に言えば、浅いからバスは全体的に広く散らばってることが多いのだ。
ここで大事なのはバスの目線。人間の目線からルアーは見たら駄目。バスから見ると浅い水深ではどの角度から見ることが多いのだろうか?
下から見るってよりも横や通過した後の後方などからが多いはずだ。浅いだけにバスからはルアーを簡単に発見できる確率は高い。
そして2メーター前後の水深になると、一カ所でのバスの絶対数もあがる。ワンスポットで複数釣れる確率が高くなってくるのだ。
ここから深い水深になるとバスのルアーの見方も様々だ。四方八方からルアーを見られることになる。
先ほど書いたボトムノックで存在感と言ったがもう一つ。見え隠れの原理がある。
これはバスからルアーがウイードやストラクチャーなどで隠れ、バスの目線から消えてしまう。そして見えるという動作が加わる。これはどの水深でも同じなのだが、見破られやすい状況ではこうしたプラスアルファーの要素が加わることによってバスに口を使わすことになる。
クランクは潜って動いてるだけのことが多い。止められるルアーはワームやジグになるのだが中層では止められない。止められるのはサスペンド系だけになってくる。
2メーター以上の水深で中層でサスペンドできるルアーってのは数少ない。僕が言うテクニックとはこれをクランクで行うのだ。

サスペンドに近いクランク。
イマカツでは「スローライザー(ゆっくり浮上するモノ)」と呼んでいます。
クランクは巻けば巻くほど潜る。止めれば浮く。この浮くと言う動作は他のルアーにはないのだ。この浮く動作を生かすテクニックこそが僕の昔からやっているテクニックなのだ。
2メーター以上の水深で深く潜り浮くルアーはプラグ以外に他にはない。これが他のルアーとの圧倒的な差が出せる有利な点だ。
ワームやジグ、スピナーベイトなどは止めれば沈む。スローに落として食わすフィネス的なテクニックとは逆に浮かして食わすテクニックなのだ。
それと同時にこのテクニックの最大の長所はレンジを維持できること。これは他のルアーではできない。
まず、浮かすテクニックは目立つストラクチャー、杭などがあれば杭の根元まではボトムノックで杭の真横に来たら浮かす。これは知らずにやってる人が多いはず。根がかり回避のために自然にやってることも多い。それを意図的に水面近くまで浮かしていく。
ハンプや岩の上にサスペンドしてるバスは上から落として直撃することが多いけど、これもボトムから岩、ハンプに当てて場所を確実に把握してからクランクを浮かしていく。こうすれば簡単にバスの目の前に直撃できるのだ。

ロッドはフィッシングショーでひょっとしたら見せれるかも・・・・。ちょっと意外なロッドですよ。
続く・・・・・。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ