IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
クランクテクニック その2

前回からの続きです。
クランクは投げて巻くだけ。それが基本だけどただ巻くだけで簡単に釣れるなら楽ですよね。
よほどいい条件かいいポイントに投げ込まないとすぐには巻いて釣れないものです。巻いて釣るなら永遠ずっと投げてバスを探しながら巻くか、しっかりとクランクと場所が合った場所で集中的に狙うかですよね。
クランクを投げるにしても簡単には釣れないってのが現状です。だからこそ止める、浮かすテクニックが必要なわけです。
クランク好きな人だと1日中投げられるかもしれないけど無理な人も多いでしょう。ここぞってポイントを選んでここならクランクが一番合うぞって場所で投げまくる。これが基本だと思うけど、そんな場所でバスが今まで見なかったクランクの動きを出してやる。これが効果的なんですよ。これなら短時間でクランクでも勝負できる。じっくりワームのように食わせの釣りも展開できる。

これもヒデクラです。
つい最近、琵琶湖にテストで湖に出たけど今のような冬でもクランクは効果的って言えば効果的です。当然ながら冬と言うことでバスの活性はかなり低い。低いからルアーも超スローか超早いリアクション的な動きのどちらかになることが多い。クランクでは巻くだけのリアクション的な使い方がメインになるけど今回、説明しているテクニックでクランクを止めたり浮かしたりしてやっていくことも効果的です。
しかし冬なので人間自体がそこまでゆっくりできるかどうかが問題です。W

これを生かすにはロッドがとっても重要です。
クランクテストと同時にテムジンプロトロッドのテストも行っている。今、テストしてるのはもちろんクランクをバリバリに使えるロッドです。ロングロッドなんですがクランクはやはりロングロッドがかなり使いやすい。
今回、説明しているテクニックでもロングロッドは絶対かかせないものだ。

テムジン初のテレスコピック採用になるかも・・・。
クランクをリールじゃなくロッドで動かすことがメインとなるのでロングだとルアーを動かす間が長くてスローに動かすことができる。ロッドを横に動かして最後のほうにバイトがあったとしてもロングロッドは簡単にフッキングできる余裕がある。どんな位置でもフッキングできるようにバッドは固く、そしてクランクがスローに動いたり何かストラクチャーに当たってもわかるほどのティップの柔らかさが必要になってくる。
止める浮かすテクニックではこちら側からの合わせが必要になるので瞬時にフッキングしなければならない。その場合ショートロッドややわらかいグラスロッドだとフッキングをしたと同時に負けてしまうことが多いのだ。ショートだとフッキングする幅が狭いので合わせそこねが多く柔らかいグラスだとバッドが弱くしっかりフッキングできないのだ。
それを解消するためにはロングロッドで柔らかなティップ、そしてバイトがあって瞬時にグンって少しの合わせでもしっかりとフックがデカバスの口を貫通するパワー。寄せらるバッドパワーが必要なのだ。
ロングロッドの最大の武器は飛距離。クランクは飛距離が出せる分、かなり有利になることが多いルアーだ。
まず飛距離を出すことによってバスのヒットゾーンを広範囲に探れる。

フィッシングショーでプロトタイプは展示できるかもしれません。
ミディアムクランク以上は特に距離があればあるほど深く潜る。ディープクランクでも距離が出せなければそのクランクの最大深度は発揮できない。しかし距離をかせぐことでクランクの最大深度以上の能力を引き出すことができる。
これは圧倒的な差になる。クランクで釣れる時に多いのは投げて着水してボトムに付く間とボトムから自分の足元に上がってくる間のカーブ間が意外と多い。
キャストしてボトムに付くまでの間でのバスは上を向いてる上を意識したバスが多い。そして回収時のボトムから水面までの間のバスは逃げ惑うベイトを意識したバスが多い。こういった時にバスのバイトが多いときは僕の言うテクニックがかなり効果的になる。

続く・・・・・。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ