IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
クランク、ここでちょっとおさらい・・

ちょっと途切れ途切れで書いてたので自分自身何を書いてたのかさっぱりわからなくなってきたんでおさらいを・・・。W

今年は昨年の琵琶湖クランク大流行に続き、今年も同じか?と流行が言われているが、クランクは流行でもなく定番だ。いつでもどこでも使うワームと同じように使うのがクランクだと思うのだが、プレッシャーの高い湖では限界があるってことで僕のテクニックを紹介した。

さてクランクの深度は様々です。しかし使い方はこれまで巻くってことだけが注目され続けてきた。同じルアーでも使い方は様々なんだけど、クランクほど用途が広くて奥が深いものはない。なので簡単には説明できないのがクランクで使い方も重要だけど、使う場所やポイントがもっと重要になってくる。
簡単に言うと通せる場所は全てクランク場。ウィードが多くても通せる深度のクランクを選び通す。通すことがまず重要だけど見慣れてるバスを相手するならクランクの動きが重要になってくる。
クランクではワームでとれないバスがとれる。すなわちレンジが違う。通す予定のない場所で未知のバスがとれるのがクランクの長所なのだ。
僕が以前、使用していたロッドで710MHがある。このロッドの長さこそが僕には絶対の長さで譲れない部分だった。しかしこの長さはワンピースでは極端に長く、持ち運び、収納にも超不便・・・。これを解消するにはとテレスコを選んだのは今江さんだった。これにより持ち運び、収納は超便利になった。
そして今江さんと自分のノウハウを組み合わせ、サンプル制作&テストは繰り返し行われた。
テムジンで現在テストを繰り返してるロッドはクランクだけを使えるロッドを目指してるわけじゃない。本当のメインは岸からの釣りで使えるロッドなのだ。
しかもオールマイティー的存在のロッド。
オールマイティーでなんでも一通り使える便利なロッドは大体6半ぐらいのミディアムで使いやすいのが多い。このロッドはプラス飛距離&パワーを求めたロッド。ライトテキサス、キャロ、ミノー、バイブレーション、トップ、クランク、ビッグベイト、ノーシンカーなどの幅広い使用範囲を求めている。
当然、ボートからの使用でも申し分ない仕上がりに近づいている。
バットは強くティップは極端に柔らかく。ティップはグラスのように柔らかくなおかつグラスのように感度がないものではなく高感度。柔らかいけど張りをしっかりもたせてある。
これによって巻く動作の多いファーストムービング系でも急な根がかりを和らげてくれる。そして浮かす、止める釣りでもしっかりとした手に伝わってくる感度を求め巻いてる最中でもバスをはじくことなく吸収されるように違和感なくフッキングに持ち込むことができる。
横の動作が多くなる浮かす、止める釣り、クランク、ミノー、キャロなどでは長いロッドで一回のルアーを動かす距離が長くなる。これはかなり有利になる。
そして軽いので細かい小細工ができる。細かいアクションなども簡単に行える。
横のロッド動作で最後のほうでバイトがあってもバットのパワーで簡単にフッキングできる。これは短いロッドでは難しい。
止める、浮かすには不向きなグラスロッド。理由はやはりバイトがわからない。手に伝わってこない。でもグラスにはいい点がある。そのいい点をこのロッドには含んだ。それはティップ部分にあたる。
この手のロッドは長さがあるので拒否されることが多い。しかし持てばかなり釣りの幅が広がることは間違いない。テレスコ採用によって便利になったロッドは持って損はないと思う。
昔、普通にあったテレスコは最近になってどこもみかけないようになった。便利性、幅の広さを求めるとやはり原点に戻っていくのかな・・・。
昔あったテレスコは見た目は非常に悪いものばかりだった。しかしこのロッドは逆にスマートになった、かっこいい見た目にもなったのが僕も驚きだ。
次回はクランクを使う場所、テクニックを細かく説明していきますね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ