IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
オールスター結果報告





オールスター終了しました。結果から言うと8位でした。

初日は豪雨&強風&濁りの中、とにかく先にリミットを揃えてから勝負しようと決断。
プラとは食いが極端に悪くなったけど、リミットを8時までに揃えて勝負エリアへ移動したけど波&強風でボートが止まらず断念。最初のポイントに戻って少しづつウエイトを上げ初日は3位。
順位はいいけどトップは5キロ台で約1800gの差がでた。強風&濁りなどでプランが崩れたのは選手みんな同じ。
この日の状況で僕は先に勝負してたらリミットすら揃わなかっただろうと思う。初日のウエイトは僕はこれが精一杯だせる限界だったと思う。
2日目は、昨日あっさり数も釣れたので今日もリミットは軽くいけるだろうと思ってたけど何のバイトもない・・・。
しかも昨日とは違って晴天無風のべた凪に暑い。そして僕のやってたエリアは川の濁りが強烈に入り、昨日のパターンは全く通じなかった。これでは駄目だと思い、別のエリアに行くがどこのエリアも同じ条件ばかりなので濁りが強烈。
釣れてもノンキーだった。元のエリアに戻り、「バスは必ずいる。釣り方を探そう」として、アシのシェードパターンに切り替えた。この方法はプラの時はよく釣れたけどサイズがでなかった。やってみるとなんとかバイトはある。
約80メーターのアシのストレッチを何回も往復していった。
ここでミスがでた。バスが食ってくるのが見えるから早合わせになってスッポ抜けてしまう。送り込んでも食いが悪いのか、やはりスッポ抜けてしまう。かなり待ってフッキングするとやっとのるぐらい。5秒ほどまったかな?で、ミスは6本!
これは痛かった。アシなんて慣れないことをするからだと自分でそう思ってる。

今回メインにしたロッドはスタリオンだった。テキサス、ノーシンカーを使用してたけど、プラでのプランではそうじゃなかった。やっぱりビッグ狙いはクランクだった。しかも今回は深い水深のサスペンド狙いだった。この狙い方は晴天無風で暑ければ暑いほどよかった。バスがぼーっと浮くからだ。試合中は濁りも発生したから、この方法は全くやらなかった。
もう一つどんなサイズでもよければ濃い毛ジグヘッド1/32オンスSTEEDでキャストする。これも強風のため使用しなかった。とにかく変化がかなり激しい試合だった。
毎年、年に一度しか行かない霞ヶ浦は年々バスが釣れるようになっている。小さいバスなら状況がよければ数多く釣ることができるほどだ。どんどん変わってきましたよ。

テムジンデビュー戦は派手にできなかったけど今後目立つ活躍ができるようにがんばります。しかし疲れた・・・。


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ