IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
クランクの使い方。

投げるポイントの水深に合わせてクランクベイトを選ぶ。
クランクベイトは投げて巻く。
広範囲に投げて巻いてバスを探していく。
その日のバスの活性が高いか低いかを考えリトリーブスピードを調整していく。
手に伝わってくるボトムやストラクチャーの感触を敏感に感じ変化を同時に探していく。
バスがバイトしたらその時のクランクベイトのスピードを覚えること。それがまずその日の基準のスピードになりやすく、そこから遅くしたり早くしていく。
そして釣れたポイントをよく見る。ボートなら魚探で何にバスが付いてたか見ること。そして魚探には魚の反応があるかどうかを見る。単発のバスか複数のバスがいるかを確認するため。
釣れたポイントで明らかに回りと違うポイントなら集中的にそのポイントに回りを攻めていく。この場合、変化のあるポイントには直撃しない。
キモとなるようなポイントでは回りにいるバス、回遊してるバスをまずはクランクで優先的にとっていく。キモのポイントを直撃するとバスは散ってしまう。
キモのポイントの回りでバスをとることはワームではできない。
キモとなるポイントを好むバスがいるならそこには複数のバスが入ってくるはずだ。
これで駄目ならワームじゃなくて、クランクの深度を変えていく。これでも駄目なら直撃する。
そしてクランクを止めたり、浮かしたり、ゆっくりレンジをキープしてやる。クランクベイトの食わせに入るのだ。
これでも駄目ならスピナーベイトを間に入れてもいいしワームにチェンジしていく。
そして最後にクランクで掃除するようにリトリーブコースを変え、キャストする方向を変えトドメをする。

クランクベイトをメインに使用するときの順番を書いたけど、時にはこの順番が変化します。僕は大体こんな考えでクランクベイトをキャストしている。
クランクベイトで始まりクランクベイトでトドメをする。

大事なのは間に何が入るのかが問題です。クランクからいきなりワームにするのもいいけど、いいポイントではクランクで複数取れることがあってもワームでは単発が多い。ワームでとった場合は先にプレッシャーがかかりやすいのでせっかくのプラスアルファーの複数のバスがとれなくなってしまう。
わかりにくいウィードエリアでも手に伝わってくる感触、釣れるスポット、魚探に映し出される情報を組み合わせれば必ずいいスポットがわかってくる。
クランクベイトでいい釣りをしようとすると変化、キモとなるスポットがあればあるほどいい。密集してるとなおさらいい。そこのポイントをバスが好むのであれば回りのバスは確実にそのポイントを好む。
クランクベイトは直撃もでき、そのポイントに入ろうとするバスもとれる方法なのだ。当然、いいポイントの近い回りだとバスは複数いる確率は高い。遠く離れると当然、バスは少なくなる。その少なくなったエリアではワームで狙うよりもクランクのような巻物で探ったほうが効率が高くなるのだ。
しかし狭い日本のフィールドではこういったいいポイントでは必ずといって人がいる。そこでクランクベイトで大事なのは食わせの方法なのだ。
人が多ければ朝一や夕方、人が少なくなった時間帯がどのルアーでもいい。でもクランクの場合はプレッシャーに弱いことから混雑すると、ただ巻いててもなかなか釣れなくなってしまう。
人が多ければ食わせの方法。そしていいポイントの真上には多くの人がいてバスには相当なプレッシャーがかかることからプレッシャーから逃れようとする回りのバスをクランクで狙っていく。反対にフレッシュなバス、ポイントに入ろうとするバスを狙う。そんな狙い方もできるのがクランクなのだ。
こういった狙い方をするのであればきっちりとしたポイントのキモを調べること。決して無駄な動きはしない。そして小さなエリアで数多くにキャストをすること。バスの入ってくるルートを読むことが肝心。これは夏から秋にかけてはかなり重要になってくる。
一日に何回ものキャストをする分、バイト率は上がる。ワームですぐに釣れても最終的にはワームと同じ釣果。数はワームに負けることは多いかもしれないけど爆発力や最終的にデカイバスならワームには負けないほどのパワーがある。

ストレスなく投げ続けることがかなり大切になってくる。タックルセッティングの違いでも一日投げ続けたら違いははっきりでてくる。
ロングキャストも必要になるし小細工も必要になる。様々なクランクの使い方をやっていくことが必要になるとロッドセレクトはかなり重要。
それと同時に投げるクランクもやはり性能を求めてしまうようになってくる。
こういったタックル面でも気を使うことから必要となり開発中の今のスカイスクレイパーが誕生したのだ。
同時にクランクの持つ性能、特にズバ抜けた飛距離をだしているのがイマカツIK250だ。スカイスクレイパーとの組み合わせでさらに飛距離は伸びる。
ずっと投げられるクランクなのだ。そして現在開発中のハイドアップクランクもスカイスクレイパーとの組み合わせは凄いものがある。

スカイスクレイパーです。
ルアーの持つ性能をロッドがさらに性能をアップさせる。こういったことを見るとタックルセッティングがかなり重要になってくる。
飛距離が伸びるのは車と同じで必要ないけどオーバーパワー。どこでそんなスピードを出すの?って実際にはそんな車が多い。
最大の性能を引き出すのは必要ないけど、急な事故などのトラブル回避のために必要以上のパワーは不可欠なのだ。
クランク、ロッドの組み合わせも同じことで、余分なパワーがあればあるほどいい。なのだ。単純にね。そして時には最大限のパワーが出せるのは車とは違う点だけどね。車だとスピード違反で捕まってしまうからね。w
クランクベイトは奥が深いですよ〜。言葉ではなかなか表現できないものがあります。




こちらは、IK250

ハイドアップクランク

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ