IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
梅雨

梅雨?最近、雨降ってるの?って感じで梅雨といった感覚が全くない。
梅雨に入ると琵琶湖では広範囲に釣れるようになってくる。湖のど真ん中でも釣れるようになってくる。今年は遅れてるとはいえ例年では5月上旬から下物の沖などでアフターのバスが釣れるようになってくる。
ちょうど梅雨に当たった土師ダム戦も梅雨に合わせたようなルアーを使用したけど不発でした。試合前日は雨だったのでスティックベイトやスタッガーオリジナル3インチで簡単に釣れてた。まあ試合はそうは簡単にいかないのが普通だけど通常であれば梅雨になれば水面系がかなりアツくなる時期でもあります。

琵琶湖での梅雨の一番のオススメルアーと言えばジンガ。このルアーは楽しいばかりかバスの出方が強烈でデカイバスばかり選んで釣れる。同時に僕はストレス発散ルアーとして強烈なジャークを入れバスを狙うのだ。そんなに強くジャークしなくてもいいけど面白いからやめられません。w

梅雨は水面系も効果的になるけど同時にクランクもかなり有効になってくる。湖全体で水深も全体によくなってくるのがこの時期だ。
なので狙い場はかなり広くなるのでスピーディーに探れるルアーを中心にバスを探していくことが重要になってくる。
琵琶湖のウィードもこの時期から急激に伸びてくる。ウィードが水面近くある場所では水面系ルアー、オススメはポパイスイーパースティックやスタッガーオリジナル4、5、6インチ。これで追ってきても食わなければジャバロンのワッキーで落とし込んでいく。
朝のモーニングバイト的な時間帯は水面系からまずバスの活性の様子を見ることもその日の状態を知る上で大切になってくる。日が昇ってアツくなってもバスが釣れるのであればバスの活性は相当高いと考えられる。
駄目なら沖のウィードに狙いを変え、なるべく綺麗なウイードと水の流れが発生してる場所、そしてベイトフィッシュが多くいる場所を見つけることが大切になってくる。
ここで重要なのはボートで魚探があれば必ず魚が写るエリアで釣りをすること。そして目でベイトが確認できるならベイトが豊富な場所を探すこと。特に水面にギルがプカプカ浮いてるエリアで一緒に他のベイトフィッシュが混合しているエリアはかなりアツい場所になる可能性が高い。
最近の魚探の使い方では地形を見るための道具として使われることが多いが、本来は名前の通り魚を探すための道具。魚探をフルに活用し確実に魚がいるエリアで釣りをすることが大事になってくる。これから夏から秋にかけてバスはかなり広範囲に動くことが多いので湖全体に分散する。バスはどこにでもいる確率は高くなるけど絶対数の多いエリアを探し出すことが一カ所で釣れ続くキーとなる。
IK180、IK250、HIDEUPクランクHU-300を水深別で使用し効率よくまずは一匹を釣る。最初の作業は投げて巻くだけのサーチベイト的な使い方で行う。
いい場所にルアーが入れば巻く動作の間に止める動作を入れていくこと。
バスが多いと思われるエリアに入ればライザーテクニックの出番となる。
HU-300は生産に入っています。もう少しお待ちくださいね!

しかし土師ダムの今江さんの釣り方はしびれました!僕もクランクでいつかハメてやる!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ