IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
モジャオ好調!パワーフィッシング!!





ようやく梅雨明けしました。遅れてますね。例年なら沖で・・なんですが今年はまだシャローに多くのバスが残ってます。
大雨が続いて琵琶湖は満水状態になりシャローでは岸釣りでいい結果がでていたみたいです。
大雨前から今もシャローでモジャオテキサスで釣れてる日が続いています。
定番の沖も当たればデカイけど外せばボーズという結果が多い状態です。例年なら数もサイズもでるけど今年は遅れてるのでシャローにバスは残ってる。
しばらくすると沖にバスは移動するのでシャロー好調がいつまでつづくのかわからないけど今はシャローがバスのストック量は圧倒的に多い。
普通の水位に戻った琵琶湖のシャローはウィードだらけで見た目は魚っ気もない。けど綺麗な水&ウイードのエリアを見つけると多くのバスがそこにいる。ウィードだらけなのでルアーはもちろん限定される。ジンガやスタッガーで水面で攻めるかテキサスやジグで落とすかになる。
最近の傾向としてトップに出そうな雰囲気、雨や曇りは釣果につながらない日がなぜだか多い。バスの多くは上を意識をしてない感じがする。すなわちまだベイトを意識するのではなくエビ系を意識するバスが圧倒的に多い。
これも遅れてることから冷静に考えるとぴったり合ってるのだ。この後、バスはベイトを意識しだすと今度はボトムにルアーをつけるといい釣果は出なくなる。
藻穴に落とすだけでも様々な方法がある。ライトリグでゆっくり落とすのか、テキサスで普通に落とすのか、重いジグ、テキサスで早くリアクション的に落とすのかだ。
藻穴と言っても水深2〜3メーターでも水面までウィードが伸びてるので、いい穴はボトムが広い場所。シャローなら特にウィードの隙間で砂地部分にバスがいる可能性が高いのだ。砂地エリアだと隙間が必ずあるからバスがいる可能性はグンとあがる。ボトムがノリのようなウイードだと一時的にいるいないになってしまうので確率はグンと下がってしまう。
ライトリグではファットドーバーでもストレートで使うのとワッキーで使う2種類ある。ストーンと落とす場合はストレートでセットしてスムーズに落としていくが落としても食わない、誘わないと、スローに落とさないと食わない状態ならワッキーでゆっくり落として狙うかだ。
アクションしても移動距離が少ないワッキーはピンで誘うには絶対的効果がある。抵抗があるので一点で誘うことができるからね。
テキサスなら流行の1オンスで藻の壁をぶち抜いてボトムまで一気に落としてリアクションで誘って手返しのよさも含めていくのか。普通に10グラム程度のシンカーで丁寧に落として狙うのかだ。
他にテキサスではペグ止めするのかしないのかでも違うしね。
常に丁寧に狙うなら10グラム程度のシンカーで丁寧に落とすほうがバスが食う確率は絶対あがる。穴にうまく入ればのことだけどね。シェイクする動作は誘うのがメインだけど軽いシンカーをシェイクしてゆさぶって落としていくこともできる。見て同じシェイクでも誘うシェイクと落とすシェイクがあるわけです。
じゃ、今のシャローの状況では何が一番いいかって言うと、10グラムシンカーでのペグ止めなしのテキサスがいい。ウィードだらけって言ってもそこまで濃いウイードは逆にパスする。選ぶポイントは水が綺麗でウィードも綺麗でウィードの種類の違いが豊富で混合してる場所だ。
最近、色んなワームを試してみて圧倒的な釣果が出てるのがモジャオだった。キモはスローに落ちることだと思う。ペグ止めしてないのでラインテンションをかけずに落とすと先にシンカーが落ちていく。シンカーが先に落ちると言うことはシンカーさえ落とせばルアーが通る道ができるってことになる。

モジャオは他の同じ長さのワームよりボリュームがあるのにスローに落とせるので圧倒的にバイトチャンスが増えるってことになるのだ。
多分、これが決定的な釣果の違いになると思うのだが残念ながら同じサイズで同じように落とせるワームはない。だから圧倒的な釣果の違いがでるんだろうと思っている。
湖に出ればモジャオの消耗率は激しい。いつも、もうないって言いながら今江さんや藤木さんに連絡し手持ちのモジャオを奪ってる状態です。W
ガンスリンジャー&アブ&東レプレミアム20ポンドでパワーフィッシングは快感で面白いですよ!
ガンスリンジャーでかなり強引なやり取りしたけどパワーは凄いものがありますよ。ウィードだらけではこれぐらいのパワーがなければ逆に苦しいからね。
ありそうでなかったロッドなんでかなり重宝しますよ!使いやすいしね。
今はシャローがバスも多いし有利かもしれない。けど、日が進めば沖がどんどんよくなっていくはずだ。
最近もちょっと時間が空いたのでルアマガのマイケルと同船し釣りをした。やってみればモジャオテキサスオンリーで余裕の10キロオーバーでした。

あまりにもいいバスばっかりだったんで急遽、8月26日発売のルアマガでの記事になることになった。いきなりだったんでページは少ないけどね…。
このモジャオを使った釣りはこれから定番になるはずだ。本格的な夏になて沖もウイードだらけになると落とし込みの釣り中心になる。ウィードが少ない場所ではクランクもよくなってくる。例年通りにテキサス&クランクの2本立てになるだろう。
モジャオも、もうすぐ発売されるみたいですよ!HU-300は少し遅れて申し訳ないです。すいません。もうすぐ発売できると思いますのでお待ちください ね!
今の南湖は沖に船団だらけでシャローはがら空きです。シャローオススメですよ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ