IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ターンしてる琵琶湖をいかに攻略するか

難しい琵琶湖をどうやって攻略するか?
数狙い好調の北湖に行くか?難しいけどサイズがいい南湖か?
南湖から北湖へ向かう場合、一番問題なのは風&波。
琵琶湖大橋を境にして北と南に分かれるけど波の強さは全く違う。
南湖から北湖へ行ってポイントに到着して釣りしようとしたら急に大荒れなんて普通にある。数が釣れる北湖でプランを組んでも、荒れたら釣りもできない。そうなると難しい南湖での釣りが強制的に決まる。
昨年から続いている好調?なリグ、1オンステキサスやジグ。これらも最近はやるならとことんやらないと結果はでない状態だ。
リグが悪いのではなく、状況があまりにも悪いのだ。しかし、その状況の悪さでも、全くリグを変えないのはあまりにも思いで巡りをしてるだけってことが多いからリグを大幅に変更した。
夢のある力のある釣りもしたいけど、状況が状況なだけに、ただ単に無理してるだけってなるのがむなしい…。
爆発力のある琵琶湖でも、釣れない時は天下一品の日本一釣れない湖になることもある。それを忘れてはいけない。
今はターンもしてるさらに悪い状況だ。まだまだターンがキツくなることは予想できるが、今の状況で最も適した釣りを明確に見つけることができたら楽にはなる。

とにかくまず無理をしない。フィネスに徹することをやってみた。
案の定、普段はヘビーテキサスで流すエリアを丁寧にライトリグでやってみると結構、安定してバイトがある。ってことはバスは口を使わないだけ。
ライトリグメインにすると、ヘビーテキサスやジグみたいに釣れたらデカイってことはないし爆発力は落ちるけど、確実にバスを手にする率はあがる。
不思議なことにドーバークローラーのネコリグは不発だったけどジグヘッドワッキーにすると急にバイトが連発しだした。
縦に落ちるワームよりも明らかに水平に落ちるワームを好んで食ってくる。

面白いのがフォール時に一番バイトが多かったこと。当たり前かもしれないけど、走って食うバスがかなり多かったのだ。それはどう意味するかだ。バスはこの状況の悪さの中、かなり浮いていて動き回ってることが予想できる。すなわち同じ場所ではなかなか続かないってことになる。同じ場所で続けるなら相当いい場所じゃないとバスは入ってこないだろう。それだけ秋の動きになってることだと思う。
力強い釣りもしたいけど時には状況に合わせリグをパワーダウンさせる勇気も必要。ここぞ!って場所にパワーのある釣りをしたらいいから臨機応変にリグを変更していくことが今の状況に対応する一番大切なことだろう。
南湖の一つの広いエリアを一日中やって、結局50オーバーは出なかったものの40オーバー4本で数は2人で30本弱釣ることができた。

その日、使用したロッドはスパイダー。主に僕の場合、ジグヘッドなどで使用することが多いけど、ジグヘッドワッキーで使うと操作性がよく非常に使いやすくてびっくりした。かなり万能ロッドってことだと思った。
厳しい状況の中、その日はドーバークローラーが大活躍した。タフに非常に強いワームでボリュームがあるから、釣れるサイズも少し大きいのが魅力だ。
行けるときにはパワー全開で駄目だと思えば確実にバスに口を使わす確率の高いリグを選ぶ。
いつも派手な釣りばかりしたいと思ってる僕でも、さすがに今の状況じゃパワーでは押し通せないからね。確実にバスを釣りたいしね。
でも、タフだから全てがフィネスに変えないといけないばかりじゃないってこと。狙いがあるならパワーで押し切るのももちろんいい。全ては狙いはなにかで決まるからね。
難しい状況の時こそ凄いルアーが産まれることが多い。だから今は僕にとってすごくいいチャンスだと思って釣りしようと思ってます!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ