IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
水面〜水面直下の攻略法

早く四国に雨が降って欲しいと願う毎日です。琵琶湖では毎日のように夕立が降るけど昨年のように台風が来ない。
来れば水害などが心配だし、来なければ水不足になるので微妙です。
フィールドではこの時期、台風が来れば一気にバスの動きは変わる。
夏も終わりに近づき、秋に向けてバスは広範囲に動き回る食欲の秋になってくる。
毎年ながら琵琶湖では9月1日の水泳場の解放が楽しみで、1日に決まって狙う人も多い。1日になっても水泳場のブイはそのままになってることが多いので、残ってたら入らないように注意が必要です。水泳場のお陰で全くプレッシャーのない状態での解禁みたいなものになる。1日は毎年どこかの水泳場で爆釣することが多い。
秋になると僕のメインはやはり水面から水面直下の釣りがメインになる。
使うルアーはハイドアップ、スタッガーオリジナル4、5、6インチノーシンカーとテキサス。
他には残念ながら以前作ったルアーで今は正規で発売はないけどスピッツ。
そして僕の武器になるであろうジャバロン。
これらのルアーがメインになることが非常に多くなる。
これらのルアーの特徴として、スローから高速リトリーブまで使えることだ。
水面〜水面直下での釣りでは幅の広いスピードが非常に重要になる。
食欲の秋ってことで、バスは興味ではなく食欲として純粋にルアーを追うバスが多い。
なので、ルアーの動きはなるべく直線的な動きで高速が可能なルアーほどいい。
あまり動きの変化があるルアーだとバスにすぐに見切られる。見切られないためにも高速可能なルアーが必要なのだ。
水面〜水面直下での釣りではハード系でスイムベイトが思い浮かぶが、これらのルアーに不利な点は高速で引けないこと。リップが付いているルアーはなかなか高速で引けない。
これらの弱点をうまくなくしたのがジャバロンだと僕は思う。
高速で引けることができないルアーは追ってくるバスほど一瞬で見切られることが多い。
この時期の速度は基本は高速リトリーブで純粋に食欲のバスを狙っていく。
逃げるベイトは追うけど逃げないベイトは見切る、興味をなくすのがこの時期の特徴です。
この逃げるという動作を出せる演出できるルアーがメインになります。
そういったルアーは数多く発売されてる中、色々探したけどなかなかないのが僕の答えです。
琵琶湖で言うと砂浜に向けキャストしていく。高速リトリーブでね。
ボートポジションはフルキャストして岸に届くか届かない位置よりも少し遠くにとる。
追ってくるバスが多いのでバスの追う距離を持たせることが非常に重要になります。
この時期はバスのターゲットゾーンが一番広くなる時期です。
バスはどこから食ってくるかもわからない時期です。それだけ広範囲にバスはいる。
岸釣りでも砂浜から沖に向けて投げるのではなく、ナナメにフルキャストし高速でひいてくるのが基本。
歩きながらどんどんキャストしていく。
基本は高速ってことで、それでも追ってくるけど食わない時はさらに速度を上げる。逃げるベイトを演出してやること。
それでも食ってこない場合はスピードをどんどん下げていく。最終的に究極の食わせはスーパースローになってくる。
ここまでくると楽しみはなかなかないけどね。
醍醐味はやはり高速でドカーン!とでてくるバスですよ。どこからでてくるかわからないしね。
注意するのは追ってきてからスピードを遅くするのでは駄目。これは何回も言うけど逆効果になることが多い。
スピードを上げることによって逃げるベイトを演出する。
そのためにあと少し距離があったら食ってたと後悔しないようにボートポジションはかなり遠くにする。
琵琶湖で釣りをできる日がなかなかないけど日があれば実際に映像でお見せしたいと思っています。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ