IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ガイド予約受付中

何年経ってもバスフィッシングって奥深いですね〜。
何年経っても疑問が次々と出てきて研究の繰り返しです。
本当の答えなんかあるのかな?ってよく思います。
相手は陸の上ではなく水の中で暮らす魚だから住む環境が全く違うからわからないのも当然なんですけどね…。
かりに答えがあるとしても答えがわかると面白みもなくなってしまいますよね。
そこが釣りの面白さなんだと思います。
バスフィッシングの楽しさってただ単にバスを釣る楽しみだけではなく釣りに行くという感覚そのものが楽しいものです。
バスを釣るという目的で小さな旅もできるし新たな発見もある。
最初の1投目のために準備するんですよ。ワクワクしながらね。
釣りをしている姿を想像しながら、あそこのポイントでこのルアーを投げてでかいバスを釣る。
目的があるからこそ準備も移動も楽しくなるものです。
僕はトーナメントに出てるので、その時はさすがに緊張感を持って仕事として真剣勝負をしていますが、普段の釣りではシビアなストレスもたまる試合も忘れてノビノビしながら楽しんでいます。
試合では余裕もない状態ばかりなので綺麗な景色も全く目に入らないことが多いんです。
だからプライベートの釣りはかなりノンビリ派なんです。
釣れない日に当たれば、そこは選手としてのクセなのか自然に必死で釣りをする場合も多いのが現実ですが…。

小学生の頃からバスフィッシングをやってるけど試合以外でも今でも緊張したりするんですよね。緊張ってのはドキドキってことですよ。
よく想像するのが音もなくシーンとしているフィールドで霧がかかって水面は鏡のような静けさ。
いかにも釣れそうな雰囲気で1投目はメチャクチャ緊張する。
ミスキャストしたらどうしよう…って頭にあるからさらに緊張するんですよね。
鏡のような水面にルアーが落ちて波紋が広がる。
ルアーを動かす最初のワンアクションのことを考えるとまたまた緊張するんですよね。
出てくるぞ!って思うと…。
思い通りにバスが出てきたら当然嬉しいけど予想もしない時に出てきたバスには強烈にビックリして興奮するものです。
その瞬間のために前夜は準備してる自分がいるんですよ。
朝早く起きて誰よりも早くいいポイントに入るのも競争なんで考えるだけでも面白いものです。
一通り釣って満足すれば昼寝でもして釣りたい時にまたロッドを振る。
釣りの楽しみ方は人それぞれですが色んな楽しみ方があると思います。
緊張するってよく考えたら日常生活ではなかなかないですもんね。
バスはその緊張感が味わえるのも魅力の一つなんですよね。
もうすぐ、いいシーズンが始まります。
今年はどんな楽しみがあるのか今から楽しみにしているのですが今年も3月からガイドをやろうと思っています。
3月15日からのガイド募集日程をだし予約を受け付けを開始しました。
3月15日から4月30日までの間の予約を受付中です。
予約&お問い合わせは ミックバスクラブ TEL 077−579−0570 までお願いします。
ガイドではでかいバスを釣っていただけるよう一生懸命必死でがんばりますので来てくださいね!
楽しい釣りをしましょうね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ