IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
モジャオテキサス

最近の琵琶湖は春らしく、いい日もあれば難しい日もある。
その中で、テーマを持ってシャローのプリ狙いを最近は徹底して今のバスの動きを読んでいこうと湖に出てる。
最近、湖で反応がいいルアーはテキサスの場合は圧倒的にモジャオだ。

先日ではミックホームページ管理人さんが誰も釣れてない厳しい状況の中で5匹でなんと11キロオーバーをモジャオテキサスで叩きだした。
実際、テキサスで色んなワームを試した結果、こういったホグ系では圧倒的にバイトが出たのはモジャオだった。
ただ、プリの特徴でしょうか?バイトがあってものらないことが多いのだ。
日にムラもあるけど他のワームを使うとそうはバイトは簡単に出ない中、モジャオだけはバイトがでる。
簡単にフッキングできる日もあれば難しい日もあるのだがモジャオ中心に使用したガイドでもバイトは2人で15回以上あるのに手にしたバスはゼロって極端な日もあった…。
今年のトップ50の初戦が霞ヶ浦ってこともあり試合慣れしないとって思いバットネットという試合に出てみた。
バットネットというと10キロオーバーを出さないと勝てないって言われてるほどハイレベルな試合で、琵琶湖に精通しているガイド達やプロも多数出場している試合。
その試合に出て霞ヶ浦につながるようにシャロー中心にやってボロクソに言わされ悔しがり初戦にぶつけたいと思い参加したのだった。
バイトが出る場所を知ってる限り打っていくプランで挑もうとしたけど当日は前日の雨でメインにしてた東岸南エリアは濁りとゴミだらけで壊滅。
いつもなら沖のフラットウィードをやる自分だけど途中、目がいってしまって沖に少し浮いてしまったこともあったがプラン通りに探しながらシャローの釣りを徹底した。
あそこいいな〜って思うポイントはモジャオテキサスで打って行ったのだが相変わらず強烈なバイトだけでフッキングしても一切のらない…。
バイトがあって少し送り込んでバスが持っていってくれるまで待ってようやく1匹目にキロオーバーが釣れた。ここまでしないとのらないの!?
だけど食ってるバスはデカイはず。他のワームに変えたらバイトがなかなかでないし…。
同じスポットで3回ほどバイトがあってフッキングできなかったピンにそれならオスマンダネコリグ(ハイドアップから次回発売予定のワームです)ならと思い投げてみたら1発!
それが58センチ3330グラム!
やはりモジャオに食ってきてたバスは巨大でしたね〜。びっくりしました。w
その後もモジャオテキサスでバイト多数だったけどフッキングできない…。
この1匹がきいて、たった3匹で2位になってしまった。

次の日はモジャオテキサスメインでシャローをせめていこうと思ったけど強風で狙い場が潰れ、しかたなく風裏になる沖のウイードでモジャオテキサス。相変わらずバイトは強烈です…。

とにかく今のバスは、特にプリはルアーを選んでるような気がしますね。
これがの力でしょうか。そうしか思えないほどバイトは圧倒的にでるモジャオです。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ