IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
アフター狙い

ゴールデンウィーク突入です!
毎年、この時期は数多くのアングラーの姿が見れます。
僕がホームにしている琵琶湖でもボートが数珠状態になるほどのボートが浮かびます。
アングラーの多い時期で最も辛いのがプレッシャーです。
そしてスポーニングとも一致している時期なのでシャローエリアでは隙間のない状態になることは珍しくないです。
そんな時期だからこそ僕のお薦めはアフター狙いです。
琵琶湖では基本的に沖を狙うのですが、この時期は岸は混雑、沖はがら空きになることが多いです。
最近の状況から見ても想像以上にアフターの回復バスが多いです。
意外にすでに沖のど真ん中のウィードでも釣れたりしています。
今はプリやネスト、アフターなどバスの狙う種類は様々です。
確かにでかくてウエイトの重いバスを狙うとなるとプリが一番ですが、アフターの早く回復したバスはプリのウエイトには当然負けるけど長さが長く結構ナイスな体をしているんです。
今年は冬に藻を刈ったりしてたんで沖のウィードには極端なメリハリがあり、非常にわかりやすく狙いやすい状態になっています。
ウイードがない場所とある場所がはっきりしてて特に沖のストラクチャーではでかいバスが釣れる率が高いです。

昨年とは違い全体的にウイードが少なく、昨年は夏ではクランクなんか引ける場所すらなかったほどウイードが生えてたので今年は引きやすくなると思いますすよ。
現時点でアフターのバスを狙うならクランクが最適な状態が続いてます。
巻物で反応しなければ、すぐにスローにするのではなく、この時期に一番効果のあるクランクでのライザーテクニックを試して見てくださいね。
そして、かなりスローな状況であればテキサスにしていくなど普段のルアーローテーションの間にもう一つ段階を入れてやることがおすすめです。
やはり、アフターなので体力が回復してるかしてないかでバスがいても食わない食うの差が激しく出てしまう時期です。
クランクなら水深に合わせHU-300、IK-250、HU-200、IK-180をうまく使い分けて見てください。
テキサスならモジャオオンリーでいけますよ!
人で混雑するので事故のないように楽しんでくださいね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ