IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
IHクランクベイト・プロジェクト始動!

IHと言っても昔流行ったIHジャーではありません・・・
イマカツとハイドアップとの共同開発としてクランクプロジェクトがついにスタートしたのだ。まだお見せできないけど、
一発目のサンプルは出来上がっている。
まあ、当たり前のようにまずは一回目はボツです。そんな簡単には作れません!
クランクと言うと投げて巻いて投げて巻いての繰り返しの単純作業で簡単なイメージがあるけど深く追求すれば他の
ジャンルのルアーと同じで、かなり奥が深いものがある。クランクの長所は投げて巻くだけで、言えば誰が投げても同じように動くことだ。しかし短所は同じように誰が投げても同じってことも言える。そう考えると、投げる場所や通すコースで決まってくることになってしまう。この点がクランクの面白い部分で奥が深い部分だと僕は思う。
ここで僕だけのクランクに対する理論や知識を書いていきたいと思う。

既にプロトはかなり作ったが、まだまだこれからですね。
クランクには様々な深度のものや大きさ動きの違いなどが多く存在している。僕がよく使用するのは2メーター以上潜るクランクばかりなのだが2メーター以上っていっても山ほどの種類のクランクが販売されている。僕がよく使用するクランクではラパラのラトリンファットラップがある。バルサではなくプラのほうだ。
ラパラと言えばバルサが思い浮かぶけど僕が好んでプラ版を使用するのは理由がある。バルサタイプのファットラップも優秀なルアーだけどラトリンファットラップは何が違うか?簡単に説明するとバルサタイプはスピードが早いとバランスが極端に悪く、物に当たると簡単に横にスライドしたりする。これはこれでいい点でこれを生かし使えばいいけど、場所にもよる。RFの場合は何がいいかというと、物に当たってもバランスが崩れない。そして物にコンタクトした場合、よく手元に伝わるってことだ。根がかりするしないで言えばRFは根がかりをよくするほうだと思う。
RFと同じような場所で使い分けることの多いルアーでバンディッド200があるが、こっちのほうが根がかりはしにくい。
ではなぜ根がかりをするほうのRFをよく使用するか?RFは特に2メーター前後のフラットエリアでの使用が多い。そして明確なストラクチャーがある場合によく出番がある。
例で言えば霞ヶ浦や北浦などがベストな湖だ。クランクでもワーム同様でストラクチャー狙いが基本。ストラクチャーがあるってことがわかればストラクチャーにコンタクトする手元に届く感触がいかに伝わるかが非常に大事になってくる。
RFは見た目はしっかり動いてるクランクだけど引き心地は意外と軽い。クランクの動きも手には派手には伝わってこないクランクだ。
ぼくの最高お気に入りアクション
ファットラップ
ここで大事なのはストラクチャーがあるってことが前提。例えばオダだったりすると、明確なオダに通すとどんなクランクでも手元にオダに当たった感触が伝わってくる。しかしオダのちょっとしたカス、ボトムの底質や変化は派手に動いて派手に手元に伝わってくるクランクでは非常に使いにくいのだ。感触が強くてちょっとした物にクランクが当たっても手には伝わってこないルアーが多いのだ。ルアーの動きが強ければコンタクトした感触が伝わらなくなることがあるってこと。
RFを使う理由はちょっとした物に当たると手に伝わってくるという単純なことなんです。感触が強いクランクを同じ場所で投げると非常によくわかります。クランクの動きの方が強くてちょっとしたストラクチャーに当たってもわからない。クランクの動きで感触が殺されるという現象がでてくるってことです。

コレが後々、僕のクランキングには非常に大きな意味を持ってくる。特に琵琶湖のウィードに関しては、最も重要な秘密なのだ・・・
これはプレデター。
プレデターも動きに秘密があります。
TO BE CONTINUED・・・・

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ