IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
ダイナゴン





ダイナゴンが活躍するのは僕の場合、マッディー系が非常に多いです。
過去では遠賀川での3、5グラムテキサスで、コロコロと流れにのせてのドリフトはかなり効果ありました。
ノーシンカーか、カバーでの使用で重いシンカーが使われやすいダイナゴンですが、軽いシンカーでのテキサスはよく釣れます。
トップ50での霞ヶ浦戦では残念ながら直前に水位が下がって水がない状態になったため、本番は駄目だったんですがプラではダイナゴン4インチノーシンカーでいい感触を得ていました。
他にもダイナゴンの出番は多々あったんですが、振り返ってみるとマッディー系での使用率がかなり高く、同時にシャローが多いフィールドでの出番が多い。

僕自身でのダイナゴンの使い方なんですが、クリアーウオーターフィールドでの使用だと、バックスライドしないようにフックセットをして使用することが多いです。
これは、そのときのバスの状態にもよるけど、完全に見えるバスに対し向かっていくルアーは、バスは見切ってしまうことが多い。
クリアーレイクでカバーがあって、バスがそのカバーの下で浮いてるのが丸見え!カバーの下へスーっとスライドさせるとメチャクチャ釣れそう!って思うでしょう。
しかし、僕の経験上ではバスそのものに向かっていかせるスライドは逆効果が多かった。
全く駄目ってことはないですよ。食うバスだっていますからね。
でも、餌自体が食われる恐れのあるバスに対し、向かっていくかはバスにとってはかなり不自然なことだと思う。
クリアーな場合はバスに追わせるような少し離れた場所へキャストし、追わすか、見つけさせて食わせる感覚のほうが効果はある。

クリアーでは普通にフックをセットすることが僕の場合多いです。
反対にマッディーは逆になる。
見えないだけに向かってくるルアーは、スローでスライドしてもバスにとってはリアクション的な存在になる。
いきなり餌が目の前に見える。そりゃバスはびっくりしますよね。
しかし、マッディーだからこそ、見えにくいからこそ、バスの目の前に落とすためには細かい丁寧なアプローチとスピードが必要になってきます。
アシの張り出しだけを一回キャストするだけではなく、先端、両サイド、はみ出た一本のアシを狙ったりと、細かく丁寧にやってやるほど効果は出る。
ダイナゴンにはある程度の重量が元々あるので、投げやすくて狙いやすくノーシンカーの感覚よりかはジグを打つ感覚になります。
だけど、キャストしてからはやはりノーシンカーの感覚でスローに操作をすることが大切です。
フィールド、状況によってリグは変えていくことが大事です。
ダイナゴンは普通に重いラバーなしのフットボールジグヘッドにセットし、リアクションでシャローやディープを狙ったりするのも面白いです。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ