IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
強いクランクと弱いクランク、どちらがベスト?





前回の続きです。

では強いクランクと弱いクランク、どちらがベストなのか?ここで考えたいのはクランクの特徴だ。
やはり作った制作者の考えも非常に大事だと思う。
流しながら投げて巻くようなことが多い人が作ったクランクならちょっとしたウイードなどのストラクチャーに負けないように作ってるだろう。流しながらだとラインスラッグも出るし簡単にストラクチャーに当たって動きが止まってしまうクランクでは当然使いものにならない。こういった感じで使い分けが必要であり、どんな攻め方をするかによってクランクの種類が変わってくる。僕も当然流しながらだと動きの強いクランクを選んだりすることも多い。例を上げたのは止まってストラクチャーを狙う場合です。簡単に整理すると流す場合は強いクランク。止まって狙う場合は弱いクランクを選ぶことが僕は多い。でRFはよく手元に小さなストラクチャーに当たったときでも伝えてくれる。ってことはクランクを止められるってことなんです。

巻くだけのクランクではなくクランクに大事なのは一つにスピードの変化があります。スピードの変化を出すタイミングがわからないと止めたりスピード変化をさせるのも意味がなくなってくる。小さな感触が少しでも伝わってきたらそのタイミングが非常につかみやすいってことです。小さな見えないわからないストラクチャーを狙う場合はワームのように探りながら巻く。ストラクチャーがあるってことがわかればいいけどわからない場合ではクランクの釣り方の中でも丁寧な釣りになってくる。この釣り方はプレッシャーの高い規模の小さい湖などでは非常に有効な方法です。この方法はきわめて特殊ですけどね。
ファットラップで釣ったバスです。
もう一つクランクで大事な点は通すコース、水深だ。これは非常に大事です。投げて巻くだけのクランクでもレンジが違うと釣果の差は大きく変わってくる。これらに対応しようとすると様々なレンジを攻められるクランクが必要になってくる。
クランカーで必要になってくるのはこういったシステムクランクが必ず欲しくなってくる。同じサイズで深度違いがね。
深度の違いは例えば2メーター潜るクランクならロッドを50センチ上げれば1.5メーター。50センチ下げれば2.5メーター潜る。プラスマイナス50センチはロッド操作で対応できるのもクランクの利点となる。

そしてもう一つは浮力。こ れは僕の使用法ではかなり重要な点となる。これは後ほど書きたいと思いますがこの浮力を生かしたテクニックを紹介したいと思っています。次に2メーター以上潜るクランクで使用率が高いルアーでは定番の
マッドペッパー、ファットペッパー。MPは過去の試合でも数多くの優勝者をだし、今江さんも僕自身もこのルアーで勝ってる。飛距離も出るし非常に使いやすく優秀なルアーだ。

傷だらけのファットペッパー、マッドペッパー。
FPはMPのダウンサイジングだと思ってしまうのだけど使ってみると全く違うルアーだと僕は思う。MPはバランスもいいのだがFPの場合は意外とバランスが崩れやすくストラクチャーには弱いクランクだ。物に当たると平を打ち斜めに泳いでくることが多い。これがいいか悪いかは使う場所によって違う。FPは特にウイードエリアなどで琵琶湖では使うことが多いけどオーバー深度の場所で使っても引けることが有利な点。2メーター水深でこの深度のクランクを使うと潜りすぎて
藻ダルマになってしまうことが多い。バランスがいいクランクを使うと逆に引けないのだ。こういったように場所、ストラクチャーによって様々なクランクを選び使い分けていく方法が必要なのだ。クランク自体のことも大事だけどクランクで最後に非常に大事なのはロッドとのセッティングだ。これがしっかりしてないとクランクは生きない。次回はクランクとロッドの関係を書きたいと思います。
TO BE CONTINUED・・・・

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ