IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
この時期の釣り

東西のフィッシングショーも終わって、さぁ釣りへ行こう!と準備をする方が増えてる時期ですね。
でも、雪が降ったりしている冬なんで、まだ釣果的にも苦しいし、釣り方も春よりも冬に近い釣り方が中心な時期です。
バスの春の訪れは人間の感覚よりも数段早いのが現実です。
フィールドによって春が早い、遅いもあります。
特に平野地にある浅い野池は、暖かい日が続けば一気に水温が高くなるので、春が極端に早く訪れます。
高地にある野池やリザーバーはやはり春は遅く、フィールドの規模や位置などで大きく変わってきます。
大きなフィールドでは、部分部分で春が訪れることになってくるので、いち早く先行し春を見つけ出すことが大事になってきます。
フィールドによって春の訪れが変わってくることを考え、色んなフィールドを釣り歩くのも面白い手です。
琵琶湖の温排水が入ってくるエリアの一部分では、すでにかすかながら小さな春が訪れている状態です。

昨年もそうでしたが、HU-300でいい結果が出ている事も良く聞いています。
野池ではやはり浅いところが多いので、気温が水温に直結する場合が多く、寒い日だと完全に冬です。
なので、野池の数をチェックしていくためには、素早いチェックが必要になってきます。
過去にも僕も何度も経験したことがあるけど、野池の春は想像以上に早いです。
えっ、もうアフターなの?ってことが多々ありました。
大きな規模のフィールドよりも、早い春が確実に早い野池では、もう動きだすかもしれません。
野池において、やはり強いルアーはあります。
探ると同時に釣ることも考えると巻物系になりますが、オススメはフラッピンソニックでしょうね。

僕自身、この手のルアーをあまり使うことがないんですが、使うと必ず釣果が出たルアーです。
あくまで探ると言う考えで使うことが多く、バスを手にすると他のルアーにチェンジすることが多いので、僕の場合は使用頻度が下がるという訳です。
バイブレーション的なルアーですが、様々な水深をカバーすることができ、探るという点では優れたルアーです。
バスの状態を知るためには、最初の1本がかなり情報としては必要になります。
どんな水深で、どんなアクションで、どんなポイントで、釣れたバスはどんな状態なのかを知ることで、次の手が考えられます。
巻いて1本は釣れたけど、後が続かない…。
でも、大体いる場所、水深はわかった。
こういった展開が必要なんです。
春は釣れる人と、釣れない人の差が極端に出る時期です。
バスがいるけど食わせられないのも極端に出てしまう時期です。
春になるとバスは必ずシャローを意識し出します。
シャローには多くのバスが集まり、バスの絶対数としては最大な時期でしょうね。
このことを考えると、ディープは省略して効率よく釣りをするのも手です。
シャロー、岸側にバスが集中するので、やはり人為的なプレッシャーが出てきます。
こんなに人、ボートが多かったら釣れないだろう…。って思うことが多いと思うけど、それだけバスの絶対数は多いのが春なんです。
それでも釣れてしまうのが春なんです。
まだまだ寒い日が続いているけど、見えない春は目の前に来ています。
今日も駄目…今日も釣れない…そんな日が続いて、いきなり釣れる日が訪れる。
そんなタイミングに当たると強烈な釣果が出たりすることが多いですからね。
さて、今年はどこのフィールドが春の訪れが早いのかな?
全国的に見ると、岡山周辺は春の訪れは早いような気が…。
今年はどうなのかな?
釣り初めには、事故に気をつけて下さいね!
しばらく釣りに行ってなかったから、体が慣れてないのもあるからね。
楽しい釣りを今年もしましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ