IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
旧吉プラクティス

旧吉野川へのプラクティスに行ってきました。
初戦なので9日間の日程で行いました。
激変する春なので、今回のプラが役に立つかは全くわかりませんが、今年はなるべく多くの練習をして試合に挑みたいと思っています。
ここ数年は、一切いい成績を出せてないので・・・。
今回のプラでは、いつもの練習方法とは違うやり方でやってみました。
普段なら巻物系でバスを探し、1匹からのヒントで状況、バスの 周りの環境、ピンポイントなどを分析してきましたが、今回のプラでは ライトリグ中心でバスを探していく方法をやってみました。

IKクランク、HUクランクなどの巻物厳禁のテーマです・・・。w
スモール戦などの試合であれば、最初からライトリグで探すことはできるのですが、巻物系でも十分釣ることができる旧吉野川でのライトリグでのバス探しは、最初は展開がかなり遅くて苦痛でした・・・。
旧吉野川のトーナメントエリアの規模だったら、巻物中心で流していくと1日あればある程度の全域の状況はチェックできます。
しかし、ライトリグになれば、どんだけ時間かかんねん!って…。w
なぜ、こういったことをやるのかと言うと、過去の試合での反省点を含め、試合は試合のバスと割り切っていこうと思ったからです。
試合に入ると驚くほどの人為的プレッシャーがバスにかかります。
そうなるとバスは簡単には口を使ってくれません。

数年前に行われた旧吉野川戦でのプラでは、クランクで面白いほどの釣果が出せました。
しかし、本番は…。
試合時間ギリギリまで使ってプラでのバスをクランクで追っかけ、もう駄目だ・・・ってなるとようやくライトリグで数本のバスを手にしてウエイン・・・。
こんな苦い経験は、他のフィールドの試合でも何度も経験してきたことです。
ハイプレッシャーがかかる試合でのライトリグの重要性は、理解しているつもりですが、あくまでも自分自身の理想であり、夢でもあったことで行ってきました。
今年は、自分自身の展開を見直して逆にしようと思って挑んでいます。
試合では、きっちりライトリグで釣っていき、巻物でウエイトアップさせるわかりきった方法をやってみたいなと思っています。

なので、次に行く直前プラの2日間では巻物解禁の予定です。
ここまでライトリグ中心にプラを行ったのは過去にも記憶にないほどでした。
昔の河口湖ならありましたけどね・・・。
今回のプラでは、自分にとってかなり勉強になりました。
旧吉野川での代表的なポイントであるメジャーなテトラやゴロタでは、見ていると選手が入れ替わりに入ってきます。
9日間やっていると最初は簡単に口を使っていたバスも当然使いにくくなってきます。
巻物は苦しいだろう・・・って素直に感じます。
それを理解しながらも僕は過去の試合でやってきたんですけどね・・・。
でも、今回ライトリグ中心のプラをして、そんな状況でもライトリグは強いし重要性が改めてよくわかりました。
エリア探し、スポット探しなどに時間がかかるライトリグは、計画性をしっかり持ってやらないといけないことも改めてよくわかりました。
最初は苦痛だったライトリグは、だんだん楽しくなってきたほどでした。
最終日に近づくにつれて、ライトリグを朝から持つことに何も違和感なく苦痛もなくなっていたほどです。
しかしながら、巻物、クランクに関して決してあきらめている訳ではないです。
ここぞと思う場面では、勝負で使いたいと思っています。
ライトリグ中心にしたからって成績が上がる保証はないのもよくわかっています。
本番では失敗もあるかもしれませんし、本番でのライトリグでの展開をまだまだ追求していかないといけないと思っています。
ライトリグでも様々な方法がありますが、普段から滅多にやらないものまで今回は試してみました。
ライトラバージグや、ジグヘッドスイミングや、小さい物になるとミニチューブ、ジャバスティック1インチまでやってみました。
何もかもが僕にとって新鮮でした。
昔は試合成績を出すために自然にやっていたことですが、ここ数年はやはり自分自身のスタイル中心での釣り方が多かった。
なので、ライトリグを持つ試合でも何か不安や自信がなく、プラで釣っ た巻物のバスを思いながらの釣りが多かったんですよね。投げて巻くだけの単純な巻物は楽です。
早いし爆発力もあるしね。それは釣れたらの話ですが…。
楽だという表現を使ったけど、ライトリグ中心のプラをやってみて感じたことは、こんな楽な釣りをみんなしていたんだ!って思ったりもしました。w
成績を上げるために自分自身を修正するためにやっていることで、本番ではどんな結果がでるかは当然わかりません。
だけど、今回のプラで少しは自信がつきました。毎日、釣り込むプラをやってみましたからね。
本番まで2週間空くことは、この時期では変わるのが当たり前ですが、バスを多く手にしたことが本番では少し自信につながると思っています。
さて、本番では試練が待っているのか?練習結果がでるのか?楽しみです。
とにかく今はゲーム(試合)だけではなく魚釣りが楽しくてしょうがなくなってきましたからね。とにかく本番は精一杯がんばります。
良くても、悪くても今年は練習量を増やして、いい成績で終えたいです!
いつ見てもリールが下向いている!って言わないでくださいね!
旧吉野川でのプラでは、みんなに言われましたから…。w

ガイド日程を先日出しました。
旧吉野川戦が終了してからですが、今年のガイドをスタートしたいと思っていますので是非来てくださいね!
4月15、16、17、18、19、20日
5月3、4、5、6、10、11、24、25日

が、ガイド募集日程となっています。
その他の日程があれば電話確認お願いします。
問い合わせはミックバスクラブまでよろしくお願いします。
電話 077−579−0570

どさくさに紛れてもう一つ宣伝を…。
dictsでは、近日新作を発売予定です!

ピッカピッカでしょ!
こちらの#2dictsロゴTシャツは、dictsウェブからの発売です。

こちらは、dicts取扱店販売商品です
dictsメインロゴ迷彩カラーも発売しますよ!
詳しくはdictsホームページまで。。。
http://www.dictsproducts.com/

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ