IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
この時期はモジャオテキサス!





使用するリグも季節が変わると変わってくる。
使わなくなるものもあれば、新たに使うものがでてくるのが季節の変わり目だ。
スタッガーもスコーンからノーシンカーやテキサスでの使用が目立ってくるようになってきて、他にはジグのトレーラーでリアクションでの使用頻度が高くなってきた。
同じルアーでも、リグを変えて使えるのは非常に便利でありがたいものです。

琵琶湖南湖では、スポーニングが終わり凄い勢いでウイードが伸びてきている。
こんな藻だらけで釣れるんかいな〜!?と思うようなシャローでは、沖よりもプレッシャーが低く、昨年も常に安定した釣果をだしていた。


昨年も、今の時期から好調なのがモジャオテキサス。
ハマりだすのも時間の問題って感じで、すでにいい感じの前兆が出ている。
モジャオテキサスのシンカーは、ペグ無しフリーで使うのがキモ。
シンカーのウエイトは、7〜9gが僕はよく使いますね


これからウイードだらけの沖のポイントなどで、1オンステキサスなど を使ったヘビーテキサスを使用する方も多くなってくる。
これも場所に応じて、ウイードの濃さに応じてシンカーウエイトを選ぶようにすると、より釣果は伸びる。


入りきらない、ボトムまで沈みきらないような、濃いウイードなら1オンスを使うのが正解かもしれないけど、軽いシンカーで入れられるウイードエリアなら、さらに釣果は伸びてくるのが昨年の傾向。
1オンステキサスと比べるなら、7〜9gシンカーテキサスはライトリグ感覚なのだ。
モジャオの特徴を生かしたスローフォールで誘う方法なのだが、モジャオは毛だらけです。
なので、水の抵抗はモロに受けてスローフォールする。
さらにスローフォールさせるために、シンカーはフリーで使う。
シンカーはモジャオよりも先に沈むので、その後にフリーでフォールしていくモジャオはノーシンカー状態になる。
先に沈んだシンカーが、モジャオの道を作ってくれる。
ズバリ、このリグを使た場合のチャンスは、シンカーが先にボトムに付き、ロッド操作でモジャオが動き、シンカーとモジャオが合体する間。
その間にバイトは集中する。
テキサスを使っているようで、水の中のモジャオはノーシンカー感覚で使用するのがキモなのだ。
一度試してみてくださいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ