IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
モジャオの使用場所

さて、前回はモジャオについて書きましたが、問題は投げる場所。
僕の場合、琵琶湖南湖では、基本的にはモジャモジャのウイードだらけの場所。


岸近くか、沖か、どちらかになるけど、よく使うのは岸近くのシャロー。
シャローでも、少しでも水深が周囲よりも深い場所。
例えばミオ筋。
水面近くまで、ウイードが伸びている場所でも、ウイードの中にある程度 空洞がないとバスは入れない。
シャローなので、重いシンカーを使うと、穴にはしっかり入るけど、一瞬でボトムに到着してしまう。
これも良い時はいいけど、狙いはスローフォールでフォール中に食わすこと。
水深が浅いからスローにフォールさせて、バスに発見させる、食うチャンスをなるべく与えてやる。
投げやすく、手返しもよく、モジャオを使うことによって、よりスローフォールさせることが出来、テキサスをフィネス的に使うことができるのが長所。
とにかく深そうな穴、奥まで有りそうな穴、濃い緑色をしている穴、ウ イードの種類が変わる際の穴には、徹底的に入れていく。


大事なのは、キャストして着水後に、ラインは必ずフリーにして落とすこと。
着水してからラインを手で出していては遅い。
そうすると真っ直ぐに落ちてくれない。
ラインはダラダラにしても、接近しているのでバイトはわかります。
ちょっとした変化を見逃さず丁寧にリズムよく落としていく。
キャストした後は、周囲を見て次に投げる場所を探しておくことが、手返しがよくなる秘訣にもなります。

雨が降る梅雨の時期なので、濁りはなるべく避けるほうがいい。
なるべく綺麗な水を探しだしていくことが大事です。
水の綺麗なエリアには、必ずバスはいます。
トロロ藻が多いエリアは駄目ですが、その中に少しだけトロロ藻がないスポットがあったりします。
そういったスポットは、複数のバスが出てくる可能性が高いです。
これから、沖も水面近くまでウイードが伸びてくる。
沖も基本的には、使い方は同じだけど、水深が深い分、ラインは水深分は出さないといけないし、水深分のラインが出て行かないと、その穴は深くない外れなことになる。
1オンステキサスなら、落とすだけで楽に落ちていく。
リアクションで狙うなら1オンス、ライトリグ的感覚で狙うならモジャオフリーテキサスが強いです。

ここ数日間ではモジャオテキサスの反応が日に日に増してきています。
シャローには、こういった水面近くまで伸びてるウイードエリアはいっぱいあるけど、沖はまだこれからです。
けど、ウイードの成長、水位低下になれば一気にモジャオの活躍するステージができあがる。
時間の問題ってとこまできていますから、いつでも投げられる準備はしておいたほうがいいですよ。。。


ちなみに例えばだけど、モジャオは4インチです。
7グラムテキサスシンカーをペグなしで使い、同じような速度でフォールする4インチワームは他にはなかなかない。
同じ速度で落ちるのは、色々探して試して出てきたのがブラッシュホグ6インチ。
この大きさは食い渋った時には、致命的なサイズ違いになってくる。
逆に大きいサイズも有効なこともあるけど、基本的には穴にいるバスを食わすことを前提にしているので、やはりコンパクトな方が使いやすいのは確かだ。

僕は、このようにモジャオと、ブラッシュホグ6インチをローテーションさせて同じ場所を何回も流して釣ることが多いです。
穴が小さいとコンパクトなモジャオが圧倒的に使いやすいのもあります。
昨年までは、モジャオフリーテキサスでかなり美味しい思いをさせてもらいました。
多くの人達が沖で1オンスやっている中、誰もいないシャローでデカバス(前回記事の写真)ばかり入れ食っていましたから。w
皆さんも是非使って見てくださいね。
いい穴が理解できて、綺麗に落とすと面白いほど釣れますから。。。
食ってくるバスは、巨大が多いのでラインは最低でもフロロ20ポンドをオススメします。僕は東レを使っています。
ロッドも、頑丈な手返しが楽なものガンスリンジャーを愛用しています。
フックはノガレスフッキングマスターモンスタークラス1/0。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ