IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > H-YOSHIDA BLACK BOX


 
秋の釣り方





かなりお久しぶりです…
涼しくなってきましたね。。。
まだ暑い日も間にあると思いますが、どんどん秋らしい日になってきています。
水の中も、遅れて少しずつ秋っぽさが出てる感があるのですが、まだまだその日の天候によって夏の釣りになったりしています。
今は、中途半端な天候が多く、バスにとっても中途半端な動きづらい状況になっていると思われます。
しかし、各所では、秋らしい動きをしているバスも出てきています。
琵琶湖南湖でも、ここ最近は頻繁に湖に出て感じました。
秋に入ると難題のターンオーバーがあります。
それまでは、普通に様々な釣り方ができる時期です。
トップからボトムの釣りと様々な釣り方があるし、バスの行動範囲もかなり広くなってくる時期です。
夏の定番とも言える、ヘビーテキサス、リアクションジグも場所によって出番も当然出てきますが、これから横の動きを出すルアーを意識的に使うといい結果が出るかもしれません。
ターンオーバーに入れば、キーはボトムに付けない釣りをすること。
僕は秋が一番好きな季節ですが、得意としている琵琶湖でも秋はボトムにつけない釣りを意識してやっています。
ボトムに付けるのが絶対駄目って訳ではなく、ボトムに付けるとサイズが圧倒的に小さいって理由もあります。
デカバスばかり釣れる琵琶湖のイメージがありますが、実際はそんなに甘くはありません。
春は、デカバスの時期ですが、秋は春に比べると釣果はかなり落ち込みます。
数は出てもデカバスが出にくいのが秋です。
過去に試合があった琵琶湖のウエイトを見ても、春は10キロ近いウエイトが出てても、秋には5キロ弱でも優勝できるほどの違いです。
今は、デカバスも多くなったので昔ほど低いウエイトばかりってことはないですが、今も変わらず秋はウエイトは確実に落ちます。
秋は、秋なりの釣果があって、いかにキッカー、デカバスを1本手にするかが大事になってきます。
それだけ春に比べると釣れたらでかいってことがない時期になります。
小さいサイズばかりになることも多くはなく、釣り方でサイズも変わるシビアな時期とも言えます。
なので、琵琶湖だから50オーバー5本釣らないと…って思うのではなく、50オーバー1本出れば上出来なんですよ。
ターンオーバーが入ると、こういった傾向ははっきり出てきます。
その中で、コンスタントに釣る方法のオススメですが、やはり食い気のあるバスだけをターゲットにした釣り方でしょうね。
秋は、湖の広範囲にバスは散らばっています。
そして、想像以上に動き回っています。
散らばっているので、1カ所でのバスの絶対数は少ないポイントが多いのも特徴です。
絶対数が多いスポットは、やはりベイトを意識したスクールのバスです。
まとめて釣るためには、秋には不可欠なことです。
そして、秋だから沖だけではなく、岸に近いシャローはかなり食い気のあるバスがいるようになります。
広範囲に広く散らばっているバスを探し出し釣るためには、やはり巻き物系のルアーが圧倒的に効果がでてきます。
普通ならボトムから何メーターにバスが浮いていると表現することが多いと思うのですが、僕の場合は、水面から何メーターにバスがいることを言うことが多くなります。
この時期は、水面がボトムになる感覚を持ってるからです。
それだけ秋は、水面近くを意識したバスが圧倒的に多くなる経験の答えとなっています。
ノー感じな釣りこそ秋の定番になることが多く、ボトムをしっかりとった基本通りの釣りとは正反対の釣りがメインにもなってきます。
なので、秋は水面系ルアーから下へと使う出番がかなり多くなってきます。
水面系なら、スピッツやスタッガーの共にノーシンカー、プラグならジンガなどが僕のよく使うルアーになっています。
そして、スピナーベイト、リップライザーなどのミノー、IK、HUクランク、ワームを使うにしてもほとんどがスイミングで使うことが多くなります。
ノーシンカーを使うにしても、ただ落とすのではなくカーブフォールをメインにし同時に泳がす意識をしながら使うことが多いです。
次回は、もっと細かく説明をしたいと思います。

続く…

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ