IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
SD−75 テスト釣行

今年はここに来て、新作ラッシュが続いている。
昨年の秋口から冬にかけて、必死に開発していた ジャバロン140、160もほぼ製品化することが成功し、
140はもうすでに生産を開始しており、今月末には何とか発売できそうだ。
160も今の予定ではトラブルさえ無ければ約一ヶ月遅れで発売できそうな所まで来ている。
なかなかどころか、えげつない爆発力をジャバナベ君が見せてくれたが、会う人会う人、この釣果が非常に気になるようで、発売の予定やジャバナベが釣った釣り方、リグなどをよく聞かれる。
ちなみに私も今年1番のバスをジャバロンのテストで仕留める事が出来たが、この影に隠れて目立たないが、つい先日SD−75の最終サンプルもジャバロンに次いでアップしてきた。

SDの出来映えは思っていた以上に素晴らしく、手元に届いた荷を開けて実物を見た瞬間、「ピーン」と来てしまった。
「これは釣れる」一目見た瞬間に実際にこう思ってしまうぐらい、トーナメントシーンでの武器を又一つ手に入れ、早く
使ってみたくなった。もちろん、ガレージでの手流しによる、ハンドメイドSDが素晴らしい動きを見せてくれていたので、それと変わりないのか一刻も早く見極めなければならないので、届いた次の日に、テストを兼ねて釣行することにした。

今回のSDサンプルには、生分解モデルと混入するソルトの量を変えた3種のサンプルが届いていたので、ソルトの量をどれぐらいに設定するのか?を決めるテストでもある。
そして、テストに選んだのは家から30分圏内にある野池で、昨年の秋に車のGPSで見つけた池に行くことにした。
この池には本当に久しぶりに行くのだが、昨年の秋にブラリと訪れたときには40アップが簡単に数本釣れた所だったので、今回も釣れるだろうと簡単に決めたが、地図で調べるとこの周りにも複数の野池があり、この廻りの池も釣れるだろうと予想し、「探検隊」気分で出発した。
この探検というのは子供の頃を思い出すぐらい非常にワクワクする、未知のフィールドに繰り出すのは何が待っているか判らず、楽しみだ。
まずは、昨年に行った池に行ってみた。すると高校生ぐらいの釣り人がいたので道を挟んで上にあるほうの池でテストすることにした。上の池は比較的透明度もあり、水深も浅いのでワームの動きがよく見える。
そうこうしているうちに、視界にバスの姿が入ってきた、かなりよいサイズであることは間違いない。
SDの上辺りにバスが泳いで来たときに、軽くシャクルとSDはクルンとまるでハゼ類の魚が見せるような動きをする。
その動きにバスは気づいたようで、あっさりとジグヘッドリグにしたSD−75をくわえ、何事も無かったかのようにその場を去ろうとした。すかさずフッキングすると狂ったようにバスが抵抗する。かなりの引きを見せたバスを無事ランディングすると、何と45cmもあった。
その後もSD−75のジグヘッドリグ阿部チックなチビラバのトレーラーでもバスを釣ることが出来、この池だけでも
48cmのプリメスを2本、45cmも2本、35〜42cmを3本と全てサイトフイッシングで仕留めることが出来た。
(SDサイコ〜じゃん)ちなみにネストではない。
その後は予定通り、地図で見つけた野池探検隊になり、「こんな山奥に本当に池あんのか〜」と思いながら、ダメもとで車を走らせると、あった、ありました山池が、と言うことで斜面を降りて池を見渡すとバスが泳いでいたので驚いた。
この池でもブリブリの40〜45cmのメスバスをSDだけでなくフィジェットでも釣り、大満足のテスト釣行になった。
このテストによって、「これだな」と言うソルトの配分も決定し、今回はかなり余裕があったので、生分解モデルのSDでも実釣テストを行ったが、何ら変わる事無く良く釣れた。
生分解のモデルは、アクションゲイラでもそうだが、もちが半端でないぐらい良く、ミスキャストでブッシュに突っ込んでしまった時でもガサガサゆすってもワームが飛んでいく事がなく、よく釣れるときには「かえってお徳かも?」と思うぐらいに長持ちする。
もちろんノーシンカーでも小さいながらも高比重なのでそこそこ飛ぶし、かなり鋭いダートも得意なので、いろんな使い方が出来、重宝しそうである。
それにしても、「野池探検隊」癖になりそうで怖いが、折を見てまた出撃してみようと思っている。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ