IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
改造フラッピン

ここ最近、ちょっとハマっているルアーに「フラッピンソニック」があるが、このルアー、今夏に発売された私のビデオを見てもらえれば分かるが、日吉ダムで奇跡の50オーバーを真冬にキャッチさせてくれた優秀なルアーでもある。

この時は、本当にノーマルな状態での使用であったが、殆んどバーチカルで使っており、狙っていたポイントは12メーターにある水中の森で、枝などもそこそこ健在な非常に根掛かりの多い所だった。
なので、根掛かりが驚くほど少ないダブルフックのノーマルセッティングで、枝の間を執拗なリフトアンドフォールでしつこく狙って行った。

こんな時、フラッピンの釣れる理由として、フォール時のテイルがパタパタパタとフラッシングしながら落ちていく事は良く知られているが、それ以外にはリフト時にテイルがボディに接触し、カチカチカチというクラックサウンドが発生しているのも見逃せない。
このサウンドが光の届きにくいディープやマッディウォーターでは、効果が高くバスのアタックする指標にもなっている。

日本では、真冬の厳しい状況下で、この様に使われることの多いメタルバイブだが、生まれ故郷のアメリカでは、元々その飛距離を生かし、離れた位置のボイルをフルキャストで狙うためのルアーとして使われる事が多いのである。
なので、「巻き物」としての使用も是非使ってもらいたい。

と、言うことで、個人的にはバス以外に、昼間のシーバス狙いや青物ボイルで使うためにトリプルフック仕様に改造して使っているのだが、少し大きめのフックサイズに交換しているのでフロントフックのみのセッティングにしている。

このままでも、結構フラッピンはシーバスが良く釣れるのだが、昼間はやはりブレイドを装着したものの方がバイトが圧倒的に多く、色々ブレイドを買ってきては付けたりしていたのだが、コレならというブレイドのセッティングが見つかった。
それはフィネスさんから発売されているウィローブレイドで、2〜3番ぐらいまでの大きさのブレイドをスイベルで接続するだけである。

このブレイドがピッタリ良い感じです。

とにかく、この手のチューンを施すと、リトリーブ時にリヤのブレイドの回転抵抗に引っ張られ、ブルブルと動く鉄板系の特徴が無くなってしまうのだが、フラッピンとこのぐらいの大きさのブレイドの組み合わせでは、ブルブルとしたバイブレーションが明確に手に伝わりながらもブレイドも回転してくれるセッティングとなった。

チューンドフラッピン、ハチサン、ニーイチ共に
2.5か3番のブレイドを使うと良い。

使い方としては、表層ボイル狙いのファーストリトリーブではアイの位置が一番前のホールを使用する事で、腕に負担をかけずに使える。
スローでの使用については、真ん中、後ろのホールを使いその時のリトリーブのスピードに合わせて使い分ければ良い。

チューンドフラッピンでいきなりのヒット、
これ以外にもビッグがヒットしたのだが、ばれてしまった。

このチューンを四国のスタッフに伝授した所、かなり美味しい思いをする事が出来たようであるが、シーバスだけでなく、青物のヒットもあったと興奮の報告があった。
まあ、1からそのセッティングを目指して完璧に作ったルアーではないので、多少使いにくいシチュエーションもあると思うが、「チューン」として、他の人と違うものを使うことで差を出すには充分の効果があるようだ。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ