IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジャバスティックでアジ入れ食いの巻

前回のフラッピンソニック1/8ozのシェイクダウンテストでは、良型のイワシや15〜18センチ前後のアジが飽きる事無く釣れ、「この釣り、意外におもろいぞ」と感じてしまった。
と、いうのも小型ながら、かなりビンビンくる引き味や、「のるかのらんか」と言うドキドキ感のあるアタリなど、どれを取っても釣りが好きな方にはピッタリであると思える。
こうなると、やっぱり20センチを超えるサイズのアジの引きなどを味わっておかなくては、語ることも出来んな〜と思い、今度はジャバスティックをポケットに仕舞い込み、ジグヘッドリグでの釣行となった。

毎度おなじみ収納方です。

ちなみに今回使用したジャバスティックは、昨年のメバル釣行でも実績があったソルトカラーを主軸に、バス用でラインナップしている他のカラーも試してみようという目論見もあり、余裕があればその辺もはっきりさせたいと考えていた。

一般的に、ソルトで使われるワームのカラーは、ピンク、オレンジ、グロー、パールホワイト、チャートなどなど、派手派手なカラーが定番で、昨年自分でもこの辺のカラーの効力は感じる事が出来、カラーを素早くローテーションする事で、その日やその場所でのヒットカラーをいち早く探し出す事が出来、それが釣果を大きく左右することが分かった。
同じ場所でさえ、いつも一緒と言うわけではなく、その「アタリカラー」を探したりするのが又面白さにつながっているのだろう。
ただし、ド派手カラーは反応が早い反面、スレるのも早く数匹釣ると「ぴたっ」とアタリが遠のく事があった、一通り釣りきった後は、クリアークリアーペッパーにチェンジすると又、嘘のようにヒットが続いたりするのも発見だった。
この辺の経験もあり、それ以外のバス用のカラーでも意外にアジにピタッとマッチするカラーがあるのでは?と考えたわけで、コレだけは対象魚に実際に聞いて見ないと分からないので、ワクワクしながらテストに出かけた。

良型のアジが入れ食い、
ジャバスティックはやっぱヤバイっすよ。

今回のタックルは、使うルアーがジグヘッドのワームなので、食い込みの良いソリッドティップのロッドである、アブの「ロックスイーパーRS−732EXLS」を選択、昨年はメバル釣行でも抜群のノリの良さを見せてくれた非常に使いやすいロッドである。
コレに今回はバリバスのロックフィッシュ用のPE0.4号をリールに巻き、たっぷりと「PEにシュ」を染み込ませておき、リーダーはフロロカーボンの3ポンドをヒトヒロとった。
ちなみにリーダーをヒトヒロ以上取ると、せっかく感度の良いPEを使っているのに、その持ち味が生かせなくなるので注意。
ここで注目のPEとリーダーとの接続なのだが、ここでは何たらノットとか難しいノットは必要なく、「トリプルサージェンス」いわゆる丸結びの3回通し版で結んだが、全くトラブルは無かった。
釣り方は、今回はジグヘッドのスローリトリーブが反応が良く、一定層をリトリーブしてくると、無限にバイトがあり、やはりジャバスティックは只者ではないと感じた。
途中で他のワームにチェンジしたりしてみたが、アタリの数がケタハズレに違う、ジャバスティックに代えると、「アジ釣りってこんなに簡単なのか」と思えてしまった。

使っているジグヘッドについては、1グラム前後のもので、フックがそれなりに小さければ何でも良いように思えたが、アタリの数のほんの1部しかノラず、この時はネムリ針のジグヘッドを使っていたので、ストレートポイントのフックならもっと釣れていたのでは?と感じた。

それでもジャバスティックは、素材が柔らかく、間接が3箇所あるので折畳まれ、口の小さなアジが吸い込みやすく、激釣出来たのだった。
ソルト用のワームとしては、価格が高いと言う方もおられるが、通常売られているそれらのワームは入り数が少ないだけで、ワーム1本の単価は殆んど変わらないと感じ、それよりも、この日は60匹以上のアジをジャバスティックだけで激釣したので、本当にこれだけで押し通す場合、ワームの入り数が少ない場合だと、ゲームセットになっていたなと感じた。

あらかじめジグヘッドに挿しておくと現場で非常に楽、
ヘッドとワームは瞬間接着剤で固定しておくと、1本のジャバスティックでラッシュ中でも何本も釣る事が出来、効率的。

針持ちのほうも、ソフトなマテリアルを使用しているが、適度なモチモチ感もあり、3〜4匹釣っても「まだ使えるなっと」言うぐらいの針持ちであったので、ワンパックあれば相当な数のアジを釣る事が出来、結果としてお得感もあった。 


そして、PEラインを使っていると、その感度の良さに驚くが、「PEにシュ」をコートしているおかげもあり、フロロよりも飛距離が稼げ、考えていた以上にトラブルも無く楽しんで釣りをする事が出来た。
そして、今回のテストテーマでもあるワームのカラーなのだが、驚いた事に予想を大幅に上回る好結果が出た。

この日に釣れたヒットカラー、
左からバイオレンスシャイナー、ピンキー、アーカンソーシャイナー、チャートシャッド、クリアー、ブルーギル、パープルイリジウムなどのバスカラーでも連発した。

先ず絶対に駄目だと思っていた、ムラサキ系のバイオレンスシャイナーなのだが、ド派手カラーが沈黙した状況下でも一投目からラッシュで、即座に1軍登録の秘密兵器となり、スモールマウスで人気の高い、ピンキーナチュラルワカサギはこれまた驚くほどのバイトがあり、これはヤバイと感じさせられた。
その他にも、ブルーギル、チャートシャッド、イリジウムシリーズ、アーカンソーシャイナーなどが非常にアタリの数が多かった、コレには本当に驚いたが、だけは全く反応が無く、コレ以外は「バス用カラー有りっ」という結果であった。
むしろバス用の方が圧倒的なバイトを得られた所もあり、「何事も自分で試してみないと駄目だな〜」と強く感じたテストであった。

自己最高記録25.5センチ現る。
やはりジャバスティック最強です。

この日はそこそこ23センチ前後の良型アジが釣れ、ロッド絞り込むパワーに「楽し過ぎるー」を連発し、最後の最後に25.5センチのアジも釣れ、「この引き本当にアジかいな?」と思わされる引きアジを堪能し、楽し過ぎる時間を満喫させてもらった。

とにかくジャバスティックとジグヘッドだけで手軽に出かけられるアジフィッシング、皆さんも一度出かけられてみてはどうでしょう。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ