IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
お待たせ致しました!ジャバロンハードスネークテール登場!

このステッカーがスネークテールの目印です。



お待たせ致しました。
今回の出荷の中に何と!とうとうあの「ジャバロンスネークテール」モデルが登場しました。

黒帯の第一回目のメキシコ編でバクラトスイマーのプロトの爆発力と共に、鮮明に蘇るジャバロンハードスネークテールの驚異の集魚力。
あの映像はいかにメキシコ「バカラック」といえども、そうそうお目にかかれる場面ではないでしょう・・・私も正直、度肝を抜かれました。
しかし、この時はジャバロンハードにジャバスティックの4インチや5インチをカットして接着剤で接着してチューンしてもらうしかなかった・・・。

と言うことで世界初、夢のルアーともいうべきギネス級の多関節13連装のジャバハードを採算度外視で開発したのだが、これがメッチャクチャ良い「良すぎー」なのであった。
しかし見てもらって分かる通り、このテールは恐ろしく手間がかかっており、昔あったサイバー系のフィギュアなんて目じゃない多関節なので、本当にコスト掛かりすぎなのが頭痛の種であった・・・。

恐るべきパーツ、もはやパーツと呼ぶレベルではないだろう。

でもホントに良すぎなので、先ほど言ったように「採算度外視」(スンマセン社長)なので、思っているよりコストを下げて売ることになったのだった。
とにかく使ってもらえれば分かる、何も言わずに使ってチョーダイのジャバハードなのだ。

当然の如く今回も通常のテールは付いています
ここで注意なのだが、今回のハードテイルは接着を極限まで弱くしてある。
と言うのも、ほとんどの方がスネークテイルに交換すると考えているので、実際に使う時には自分でしっかり接着をしてもらいたい。
そのまま使っていると大事なテールが飛んでいってしまう可能性があるのだ。
ここで私がオススメする接着剤はセメダイン社の「スーパーXゴールド」なるもので、完全硬化後も適度な柔らかさがあり、衝撃にも強いのだ。

これがセメダインスーパーXゴールド。
かなり乾燥がはやくなり、非常に使いやすくなった。

これを通常のテールを取ったジャバハードに爪楊枝などを使って少量付けて差し込むと隙間が出来るが、ここでも隙間を出来るだけ埋めるように接着剤を盛り付けると良いだろう。

爪楊枝などがあると非常に便利、隙間が発生すれば、そこも丁寧に接着剤を埋めていこう。

ちなみにダブルフックを先に外し、トリプルフックも全て外した状態でテイルを抜く作業やその後の接着を行ってもらいたい。
ここで横着すると手を滑らし「グサリ」と指にフックが刺さって私のように病院送りになってしまうので、くれぐれもフックには気をつけて下さい。

くれぐれもフックは全て外した上で作業を行おう。

もちろん「俺はスネークテイルしか使わん」や「めんどくさい」方は、豪快に瞬間接着剤で接着されるも良しですが、破損したときには大変なのであしからず。

このスネークテイルは横方向には滑らかに動くが、縦方向では関節技のようになってしまうので、ボートの上でバスが暴れたり、ルアーを叩きつけたりしないように気を配って長く使って頂きたいと思います。

完成、これで心置きなく使えます。
河口湖や西湖、芦ノ湖などワーム禁止の湖でも大活躍してくれそう。

さて、使い方の方ですが黒帯を見てもらうのが一番早い。
百聞は一見にしかずなので黒帯を見てイメージを膨らまし、フィールドでイメージトレーニング同様の使い方をしていただければ向こうから「ドッカーン」とデカバスが襲ってくるはずです。
これからのアフター攻略には面白すぎるルアーだといえるでしょう。
是非使ってください。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ