IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
ジャバシャッドIS-Plus高比重、登場!





今月は待望の、ジンクス1/2ozSG Plusダッドカットなど数種類の新製品が目白押しで登場する。
その中に「JAVA SHAD IS-Plus高比重」があり、今回はそのジャバシャッドについて説明していこう。

これがジャバシャッドのパッケージ。

ジャバロンシリーズにはご存知の通り「ジャバロン」「ジャバスティック」などがある。
そのどれもが激釣ワームであるのは知られている通りであるが、今回のジャバシャッドについてもそのジャバラ構造は受け継がれている。
今までのジャバシリーズと大きく違うのは、各関節にはファクトリーロック風のスタビライザーが装着されている事であろう。
このロックがあるお陰で通常パッケージから出したままだと、ストレート風ピンテールとして使う事が出来、ジグヘッドなどではロールの効いた動きにつられ、テイルも「ピンピン」と動かせる事が出来る。

そのままでは高比重ピンテールストレートワームとして使える。

もちろん比重も高いのでベイトキャスティングロッドを使ったピッチングやキャスティングも楽にこなす事が出来る。
そして通常の高比重ストレートワームに比べれば、そのプリッとしたマテリアルのお陰で、流木などのごみの隙間にも非常に入りやすく、ゴミに貼りつくことも無く落とし込めるのが私は気に入っている。
ちなみに霞ヶ浦戦での戦略でもボートでは侵入出来ないシャローにあるゴミ溜りの隙間、隙間にジャバシャッドを滑り込ませて使っていた。
そしてこれがメインに使ったルアーだった。

ジャバスティックで実績のあるピンテール。

この時のタックルを紹介するとロッドがエアドライバー、リールがレボ藤木チューン仕様、ラインはフロロの14ポンドであった。
これを葦の際にあるゴミなどの障害物の隙間に侵入させてバスを誘う。
更に誘いきった後に手前のブレイクなどに沈下している木などの障害物をスイミングで絡め舐め尽くしつつ、スローに誘うという釣り方であった。
この方法でやると時間ロスとなるキャットのバイトが先ず無く、釣れてくるのはバスのみで試合の時期がもう少し遅かったならアフターのバスが増え、かなり有効な方法であったはずだ。
この時はラインやロッドが強かった事もあり合わせるフックはノガレスモンスターをコンボし、ゴミの中での強引なやり取りも考えるとこのフックは不可欠であった。
 
ファクトリーロック風スタビライザー。

もちろん“ジャバシャッド”と言う名前がついているように、自分の好きなところでスタビライザーをカットして使うとテイルだけを振らせたり、S字のような軌道を描かせたりとその時の状況や自分の好みで多様な使い方が出来る
この前、琵琶湖にテストで出船した時に感じたのだが、結構ウィードのインサイドにうろつくバスが多かった。
ウィードのトップと水面までの隙間があまり無いところでは、ベイトタックルで普通にキャスト出来、フォールスピードが速すぎないジャバシャッドへの反応はかなり良かった。
しかし、気付いた時には帰らなくてはならない時間になってしまったので引き上げたが、ウィードで悪い水がブロックされた綺麗な水質のシャローは時間をかけながらロングキャストでジャバシャッドを上手く使うとよさげな感じがした。
もちろんタックルはベイトなので安心して使える所がサイコーである。
琵琶湖に限らず、カバーでビッグを狙うバサーには是非とも使ってもらいたい。

ジグヘッドやノーシンカー、テキサス、ヘビキャロなど、
かなりのリグでベストマッチ。
ちなみにジグヘッドはフッキングマスタージグヘッドの1。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ