IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
テストのはずが





つい先日、琵琶湖にとあるルアーのテストに行ってきた。
やはり、ルアーを開発するにあたって、野池でテストするのが良いルアーもあれば、広大なエリアを攻略するのに必要なルアーはそのようなフィールドでテストを行わなければならないのだ。
と、言う事で、琵琶湖で「サンプル品」数個をとっかえひっかえ、かなりの長い時間投げた押してきたのだが、やはり本気で「バスを釣ってやろう」と意気込んで集中してルアーを使っていると、だんだん本質が見えてくる。

ヘアリーチャンクで釣れた最大魚、
まだまだアフターチックなバスであったが、このエリアではこんなバスが多かった。

ルアーの動きそのものはある程度早い段階では、良し悪しは分かるのだが、数時間使い倒してみて分かることも多い。
その一つには「長時間使い続けられるか?」というのもあり、投げ続けていてあまりに疲労が激しいルアーと言うのも困り者である。
まあ、色んな項目に分けてテストするのだが、今回のブツは自分的にはかなり良いもので、使いやすく疲労もかなり軽減できるシロモノであった。
そんなこんなで、テスト品でバスを釣りたかったのだが、現在の琵琶湖はあまりそのようなルアーでは釣れない様であると言い訳を言っておきますが、何しろ琵琶湖では「浦島太郎状態」なので、一から勉強が必要である。
多分、エリアがあっていれば良く釣れたんではないかな?と思っています。
しかし、せっかく琵琶湖で久しぶりにボートを出したのだからボーズと言うのも何である。
もちろん、テストの合間を縫ってキャストしたいルアーはちゃんとセットされていたのだ。
こんな事もあろうかと、ここんところ春からずっとお気に入りの「ヘアリーチャンクのネコリグ」と「ファットジャバスティックジグヘッド」を忍ばせておいたのだ。
 
ヘアリーチャンクネコリグ、全てのバスが丸のみです
(ピンボケでスンマセン)

琵琶湖を浦島太郎状態のまま、大きくエリアを見ていくと、岸沿いはとにかくウィードに占領され、近づく気もしないので、沖目のいわゆる「ウィードパッチ」を探し、このヘアリーチャンクを撃っていく作戦にした。
密に春ぐらいから、テキサスに飽きたバスちゃんが見たことも無いエビがヘコヘコと動いていたら思わず食ってしまうだろうとイメージしていたので、「これは絶対釣れる」という自信だけはあったのだ。

今年は自分の中で出番の多いヘアリーチャンクネコ、
琵琶湖のようなアベレージの高いレイクでは、これぐらいでも小さく感じる。


色々エリアを廻るが、水が悪く反応はイマイチ、しかし、昔になじみのあったウィードパッチを発見すると、水質もバッチリ。
スゥイーとヘアリーチャンクネコリグをフォールし、ポーズ後に2回ほど軽くリフトアンドフォールさせると、「コンッ」と非常に小気味良い反応が、ロングストロークのスイープフッキングで合わせると、アフターの45センチが釣れてきた、「まだこんな状態?」と思いながら、やはりスローな展開で反応あり。

使い込んでゴムが劣化したネコリグマスターもダウンショットシンカーを通すことで、このように使えます。後はもっとねじ込むだけ。 


その後もこのサイズは上回らないが、3本ほどヘアリーチャンクで釣れたのであった。
実はこれからと言う時に、雨が降りそうになって来たので、ミックに緊急避難、そのまま続けていれば、釣り方とエリアが分かったので、もう少し良いサイズ混じっていたかも知れないが、最近こんなことが多い。

ジャバシャッドは高比重の為、ベイトでも難なくロングキャストが可能!
 
そして、雨が止み近場を探る事に、ウィードのトップが水面まで1〜2メーターのブレイクショルダー(場所は木の浜)にジャバシャッドのジグヘッド1/16〜3/32オンスをセットしタックルはZPIチューンのレボエリートにフロロ10ポンド、ロッドはクロスファイアーの「スティード」で、「何故ベイトタックル?」と思われると思うが、スピニングタックルでは取れる気がしないほどのウィードなので、ベイトなら安心して攻める事が出来るからである、またジャバシャッドは自重があり、ベイトでも難なくロングキャストが可能なので、ジグヘッドと組み合わせる事で、ベイトを意識したカーブフォールが出来、これがウィードの上にいるバスに気付かせながら、トゥイッチでスイッチを入れる事により、バイトさせる事が出来たのだろう。

使い方はフルキャスト後、スイーっと泳がせ、そのまま2〜3回トゥイッチしフォール、また泳がせ、トゥイッチを繰り返していると、40センチ前後のバスが、飽きないほどのペースでポコポコ釣れ続き、あまり大きいのは期待できないが、よそのフィールドでは釣れれば満足できる型揃いとなり、楽しいひと時を過ごさせて頂いた。
やはりフィールドで釣りをすると、「何か」を感じる事が出来、この積み重ねが「ヒラメキ」を産むのであろう。
今後はもう少し修行を積み、デカバスに照準を当てて行きたいと考えている。

ああっとそうそう、とある凄腕ガイドから、私が仕入れた最新の情報では、ウィードエリアでは現在モグラジグアメショーが好反応であるようだ、その理由はエビ、手長エビでしょう、そしてもちろんフサ藻やカナダ藻の入り組んだエリアを狙う場合、「並みのジグ」ではウィードが引っかかってしょうがないが、モグラなら「あ〜ら不思議」いとも簡単にスルスルと抜けてきてしまうのだ。
多分バスはかなりナーバスなので、ウィードを「ブチッ」と切るような不自然な動きには警戒するようで、ウィードをするっと抜けて自然にフォールするジグには安心してバイトするようだ。是非とも試してもらいたいテクニックなのであった。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ