IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
この時期はゴブリンが強烈に効く!!

9月も中盤に入り、朝夕もめっきり涼しくなって来た。
夜から朝方にかけては、かなり気温も下がり、こうなってくると毎年恒例の「ターンオーバー」が始まりだす。
ターンが始まると、表層で冷やされた体積の重い水が下に落ち込んでいき、その分低層に溜まっていた、デッドウォーターが上層に持ち上げられ、そのデッドウォーターに包まれた水域のバスはまるで居ないかのように、気配さえ無くなる。
これがターンの特徴なのだが、その他としては湖中の水温がかなり深い所まで温度差がなくなるため、「スーパーディープ」のパターンが生まれる。
このようなフレッシュな水域が発生するのを黙って見過ごす事はなく、このレンジを攻略できれば思わぬ釣果を得られるはずだ。
この時、最も良く釣れるルアーが「ゴブリンヘッドジグ」であろう、とにかくこの時期に最も意識しておいて欲しいのが、「リアクション」と言う事で、反射でバスに口を使わせるのだ。
これにはゴブリンがうってつけで、これからの低水温に向かう時期には、外せないマストアイテムになるだろう、中でもヨンサンやハチゴーの重いウェイトは低水温や低活性の時には救世主的な働きをしてくれ、普通では絶対口を使わない、低活性のビッグバスをリアクションで思わず口に吸い込んでしまわせる魔力を持っているので、「もう打つ手が無い」と感じた時には是非とも試してもらいたい。

この時期はゴブリンが強烈に効く、
ハチゴー、ヨンサンクラスのフォールスピードでないと、釣れないビッグバスが居るのでご注意。

そしてタックルなのだが、ゴブリンでのディープメソッドではリアクション色の強いピンスポットを狙ったリフトアンドフォールと同じディープでもフラットでの使い方と分けられ、今回はピン的な使い方を紹介したい。
「ピン的」とは書いてみたが、ボトムにあるハンプなどをイメージしてしまうが、それはそれで釣れる良いポイントではあるが、陣取っているバスの数も少なく、釣ってしまうと供給が少なく確実性はあるのだが、後が続かない。
なので、この時期ベイトのポジションを掴みやすいブレイクを狙っていくのがおススメ、とにかくベイトが溜まっている水深が割り出せたら、「その水深にボトムが絡むスポット」を探していく。
もちろんブレイクが終わり、ボトムが始まるポイントだけでなく、ベイトが絡む水深にテーブル状のスポットが存在するならそのようなポイントは要注意なのだ、こんなポイントは自然湖だろうがリザーバーだろうが、ゴブリンフイッシュが居る可能性が非常に高い。
ベイトがあつまっているなら、そのポイントは高確率でハードボトムなので、ビッグバスがつれる可能性大なのだ。
こんなポイントをリアクション効果の高いリフトアンドフォールで攻めるので、タックルがキモになるのだ。
ロッドはブラックレイブンのような素早いリフトの出来る軽量である程度の硬さを備えたモデルに、ラインはこれが重要で、8〜10ポンドにとどめるのがコツである。
出来れば8ポンドがジグの重さを損なう事無く、速いスピードでフォール出来るので、バスに判断出来ないスピードで目の前に現れた物体に対して、思わず口に入れてしまうのである。
もちろんフッキングはすかさず入れる事、何か違和感を感じたら強めにリフトする事で、フッキング動作と素早いリフトを同時に行うような感覚で行うことで、常にフッキングに持ち込めるようにしておく事が重要である。
これは練習次第で慣れていくので、是非この時期にゴブリンで練習しておいて貰いたい。
これが出来るようになると、スポーン時のメスを釣るリアクションテキサスにも応用できるので、慣れておいて貰いたい。
もう一つ重要な事を述べておくと、フォール後のボトムでゴブリンは自発的な動きを見せてくれるので、着底後はポーズを取り、ラインを軽く緩める事で、ゆっくり起きてきたりするので、そのタイムラグで動ける「間」を与えておくことで、バイト率が劇的に変わってくるため、常に集中しておいてもらいたい。
はまれば、でっかいのが釣れますよ〜。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ