IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
IKモザイクシリーズ

「やっと冬」になったようです。
冬と聞くと釣れない嫌な季節と考えてしまいますが、その分真剣になって追いかけて釣ったバスの価値は何者にも変えがたい大きな感動を与えてくれます。
そんな時、その場面にイマカツルアーがお役に立てれば非常に嬉しく思います。
今回紹介するルアーはきっと役に立ってくれるアイテムだと思いますが、使い方が違うとせっかくの武器が役に立たないものになってしまうので、詳しく説明したいと思います。
そのルアーはIKモザイクシリーズ。
その中に今回の新商品、「モザイクIK-420BWK」というクランクベイトがあります。
これの特徴を説明するとIK-500R2、IK-300W、IK-200Wと同ボディに異なるリップを持った水深別のクランクなのであります。
K-500R2はコンスタントに5mを潜ってくれるクランクベイトであり、しっかり確実に水をつかみ、急激に潜行していきます。
なので岬の先端や岩盤の出っ張りなどにヒットさせてリアクション的なピンポイントを狙ったクランキングに出番が多く、ドラッギングによる使用においては、かなり深いポイントまで探れるため、ベイトの群れが深い層に固まっている所では(7〜8m)是非とも試してもらいたいテクニックだ。

IK-200WとIK-300Wはあまりの釣れ方とウィード回避能力で大人気に。

こんな使い方のIK-500R2に対し、IK-200W、IK-300Wはワインドリップを搭載し、水平に近い姿勢で泳ぎ、ワインドリップ最大の特徴である、「柔らかい物体」が泳いでいるかの如くに見えてしまう「軟体アクション」がバスを強烈に誘う。
もちろんウィードや障害物にめっぽう強いという頼もしさもある。
これらの兄弟に対し、このIK-420BWKは水深ではコンスタントに4m+αをトレース出来るので、琵琶湖南湖のウィードパターンには非常にマッチする水深である。
しかし、それほど潜るのにもかかわらず、非常に「巻き抵抗の軽い」クランクになっているのが大きな特徴なのだ。
これは何故かといいますと、まず巻くのは軽いに越した事はない、そして疲れないなら長い時間使い続けられるのでエリアを広く探れるファーストムービングルアーには必要不可欠の大事な要素なのである。

新発売のIK-420BWK、ワインドリップではなくストレートリップ。一気に潜行させるにはこのリップが最適、リトリーブの軽さからハイスピードテクニックも使える。
そしてこの軽さにより、最も重要な「早引き」テクニックが可能になる。

これは琵琶湖でバイブレーションの早引きしか釣れない時があるように、クランクでも早引きはかなり重要なテクニックになっている。
スレきった賢いバスを釣ろうとすると、考える間も与えないほど早いリトリーブでリアクションバイトさせてしまう使い方が必要になってくるのだ。
ここぞというポイントでは「ハイスピード」、こんな使い方も交えて使ってもらえれば、バスにも飽きさせず、釣果アップ間違いなしである。
ここで話は変わりますが、このIKモザイクシリーズにはソフトタングステンがラトルボールとして採用されており、比重の高いボールがボディの壁をたたく事により発生する波動は強烈なものがある。
これはかなり遠くにいるバスにまで、この波動は届くと考えている。
普通のタングステンボールとの違いは、素材が柔らかい事でバスをすぐにスプークさせてしまう「カン高いサウンド」が排除されている。
そして、通常のカラーはこのシステムが採用されているのだが、センタープレートとカッパプレート採用のモデルにはあえてこのラトルは採用していない。
これで同じクランクでもサウンドレスを選ぶ事も出来、更にローテーションする事も出来るので、その辺も加えて考えて使う事で、また違った効果が生まれるのも覚えておいてもらいたい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ