IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
野村ダムのプリプラ

遅ればせながら、野村ダムでのプリプラの様子をご報告。
野村ダムのプリプラは5日間入りましたが、その内の3日間は猛吹雪の中のプリプラとなってしまいました・・・(笑)

今回の試合は湖のサイズを考え、60馬力までのボートでの試合。
そこで、ボギーにボートを借りる事になったのだが、ちょっと問題発生!?
私の予定では“オフリミットの週の日曜から最終日まで”プラを。と考えていたのですが、実はボギーはこの日曜まで河口湖で試合という事が判明!
急遽、日曜日はアニなべ(ナベの兄貴です)にプラを付き合ってもらう事に。

着いた時から最後まで、まるでメコンかアマゾン河です。

その後、河口湖から帰ってくるボギーにボートを借りに徳島まで行くことにしましたが・・・
この時はまだ、同じ四国だし、エリートの時も遠かったけど、その距離をすっかり忘れておりました・・・。

今回、最も効果があったのは現在開発しているマル秘ワームハドルフライでした。

とにかくキーパー釣るならコレ!
最も簡単にバスが釣れたハドルフライのダウンショット。

連荘モードで釣れまくり。

これが野村のアベレージです。
テスト中のワームでヒット。

アニナベとのプラが終わり、1時間半ほどホテルで仮眠して、10時半にホテルを出発。
徳島まで“Go!”ですが、車のナビを設定すると、何と250kmもあるではないですか!?
仕方なく、エッチラホッチラ約3時間かけて徳島は旧吉野川のスロープへ。
着いたのは夜中の1時半、河口湖からの帰りのボギーとピッタリ待ち合わせ完了です(笑)
そして、今度は旧吉野川のスロープを2時に出発。
とんぼ返りで野村ダムを目指します。
野村のホテルに到着したのはな・な・なんと4時半。
そして、7時まで寝てからプラ開始。

狙って釣ったプリメスの50オーバー。
試合でこんなのが釣れれば・・・。
もちろん狙っていきます!

このデカ口、2キロをゆうに振り切るこんなバスが試合でも釣りたい。
ワームはデカバス率の高い、モジャオ(ヘアリーホッグ)3インチのヘビダンです。

この日は寒さが厳しくなってきだした日で、睡魔と寒さとの闘いでありました。
しかし、得られたこともあり、ボートの問題点を数点発見。
早めに乗っておいて良かったなと感じたが、この日の夕方から強い寒気がなだれ込み、強烈な寒波が襲ってきた・・・

3日目からは猛吹雪の中での練習になりました。

あっという間にタックルも雪まみれ。

しかし、当初はこの日にボート取りに行く予定だったので、予定通り動いていれば、高速通行止めでプラどころでは無くなっていたであろう。
まだツキはあるようです。

見る見る積もっていきます、
なめたレイヤードなら即死です・・・

そして、釣果の方は連日、かなりのバスが「本当に冬?」って感じで釣れ続きました。

メチャさむです、野村でよく釣れるアベレージサイズ。

釣り方はディープもシャローも「次期開発モデル」のダウンショットで、面白いように安定して釣れました。

雪の中でも野村は良く釣れます、ナイスキーパーです。

今回はどんな寒い吹雪の中でも、キッチリとみっちり練習してきたので、かなりの成果を挙げられたと感じています。

野村のキロオーバー、プリプリです。

良い成績を収められるように頑張ってきたので、気合はいりまくりで行ってきます!
応援のほどよろしく!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ