IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
この春オススメ!レインボーシャッドのマル秘リグ。

今回は発売中の3インチに引き続き、2.5インチが発売された激釣れワーム、レインボーシャッドを紹介しよう。
このワームの特徴はリアルなカラーに加え、中空構造により従来のワームに比べ、浮力がハンパなく高い事であろう。
なので水面での弱ったベイトを演出するにはうってつけであり、ピクピクメソッドでは絶大な効果を発揮する。
昨年のTOP50初戦である高滝湖では、初日、上流域にある「通称温泉ポイント」で、激スレの見えバスをこのワームのピクピクで仕留めた。
そのバスは関東では貴重な50cmオーバーであり、このメソッドを上手く使えば大きなバスが狙って釣れる事を証明した。


そして、このワームで特にこだわった点は浮き姿勢。
かなりリアルに仕上げられたワームなので、姿勢は水平になるように“目玉”の材質までこだわった。
軽量化した目玉のおかげで水平に浮き、より水面の銀幕を効率よく使えるようになったのだ。

もちろんテールに使っている「シンセティックヤーン」もその姿勢作りに一役買っている。
そして、ピクピク時にはアンカーとしての効果も高く、水のつかみが良いので、ピクピク動かし続けた時にも移動距離が短く、より長く誘い続ける事が出来る。
注意点としてはピクピクの場合、バスが見に来たら絶対に止めてはならない、止めるとUターンしてしまうことが多いのだ。
とにかく細かく動かし続け、バスの気を引きつけ続けなければならない。
すると、移動距離の少なさが本当に重要になってくるのが分かるだろう。
裏技としては、上手く微速に設定したエレキでバックしながら動かし続けること。
これでバスを引きつけ続けるのだが、この時、テールのヤーンが本当に良い仕事をしてくれる。
複雑に水を動かしてくれるので、乱水流を作り、更にバスの目をごまかしてくれる。
これがバイトにつながる。

高滝の時も食い気が無いのに、追いかけながら急にその気になったのか?
それとも何か判別するためか?
確認するような感じで「パクリ」と食ってきた。
その時にこれまた重要なのがボディの柔らかさ。
食い気の無いバスが食った時にも、レインボーシャッドはしっかりと口の中で折れ曲がってくれるので、確実なフッキングが決まるのだ。

ジグヘッドでも高滝での実績が高く、シークレットになっています。このワーム何かありますよ(たぶんテール効果です)
このボディが折れ曲がるのは、かなり重要!

ワームにフラッシュプレートやマイラーなどを入れた物を、かなり昔からチューンして自分で使っていた事があった。
作った時は「シークレット完成や」と思っていたが、実際に使ってみると、かなりフッキングに難アリ。
貴重な魚をせっかく食わせたのに、フックアップせずに悔しい思いを試合中に何度か経験した事があった。

ちなみにこの話を阿部ちゃんにした所、同じ事をしていたようで、バラシも多い事も経験していて良く分かっていた。
同じような事は誰しもがやっているが、テストしてみると「駄目な物は駄目」と分かってしまう。
しかも、イマカツでは人が釣れても魚が釣れない物は「ダメ」と即却下。
とにかくピクピクでは最高に使いやすく、バスをキャッチ出来ることは、誰もが使ってもらえれば一目瞭然だ。

もちろん、オフセットフックをセットした「I字モード」での使用も最高。
テールのアンカーが効いているので、驚くほど“ピタッ”と動く事なく引いてこれる。
個人的には2年前の七色ダムでの試合に、このワームが欲しかった・・・
もしレインボーシャッドがあったなら、かなり良い成績が出せていただろう。
チェイスがあった時に、スピードを上げれば左右にスイングしてしまうワームを使っていたので、どうしてもストライクに持ち込む事が出来なかった。
悔しい思いをしてしまったが、今度はレインボーシャッドでリベンジしたいと考えている。

そして今回、面白いセッティングを考え出したのでご紹介。
それは軽量オフセットフックをセットバックして使う方法で、こうする事により水平からヘッドアップした姿勢での使用が可能になる。

このセッティングで水平姿勢、
もっとセットバックすればヘッドアップします。

これで水中に潜っていく事無く、水面にかなり強いV字波を作りながらスイミングさせる事が可能になった。
もちろん、ラインを沈ませて、あえて潜らせる事で、ストップ時にはリップライザーのように水面の虫を食うために浮上する、無防備なベイトを演出する事も可能。
これは非常に楽しい使い方であると思う。
ちなみにフックはノガレスの「バーサタイルフィネス」を使っており、低重心で安定した姿勢を作り出せるのでオススメ。
しかも軽量フックなのでよく浮きます。

フックはノガレス、バーサタイルフィネスが最適。

そして、シークレットとしては、このセッティングのレインボーシャッドをスプリットやキャロで使うのである。
リーダーを30〜70cmとる事で、シンカーを動かすと、その位置にレインボーシャッドがついていく。
その後、シンカーが止まると、ゆっくりとレインボーシャッドが水平姿勢(ここが肝!)のままリーダーの長さ分、浮き上がっていくのだ。
まるでサスペンドシャッドのようなアクションをシャッドでは届かない水深や逆にリップで底を引っかいてしまう浅いところで活躍してくれそうで楽しみだ。
もちろん、食わせたい近辺でトゥイッチさせ、ポーズっていうのもかなり効く。
しっかりポーズ(5〜15秒)をとってバイトするチャンスを与えるのがコツだ。
早春のこの時期、このテクニック是非とも試してみて下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ