IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
今月のオススメ新製品

皆さんいかがお過ごしですか?
今年の夏は本当に暑い、暑いにも程がある「酷暑」と呼ぶに相応しい暑さです。
くれぐれも暑さには気を付け、水分と休憩を十分に取った釣行を心がけて下さい。
この暑さは関西はまだ続きそうなので、旧吉野川戦がちょっと憂鬱になってしまいますが、私も暑さ対策を考えていますので、何とか暑さを乗り切り、集中してトーナメントに挑みたいと思います。
さてそんな中、今月も出荷の時期を迎え、「私的」今月のオススメ品を紹介しましょう。
昨年の夏、発売以来、大人気のジャバシャッドIS-Plusですが、ちょうど一年がたちました。
その間に3.5インチ、5.5インチが追加になり、フィールドやバスの状態によって使い分ける事が出来るようになりました。
ちなみに知っている方も多いとは思いますが、3.5インチはいきなり「リー馬淵」によってウィニングルアーにもなりました。
この人気のジャバシャッドIS-Plusに、かなりやばいNEWカラーが登場します。
まずは私、藤木オススメのウォーターメロンとライトグリパンを絶妙にミックスし、透明感を生かした何とも言えないカラーである「沼エビ」にブルーのフレークパターンとレッドのフレークパターンが登場。

沼エビブルーフレークの目印は私のステッカーが貼ってます。

どちらも外せないカラーなので、2色ともラインナップです。
そして、3.5インチには今や全国的に代表的なベイトフイッシュとなった、琵琶湖の固有種「ハス」(ケタバス)が登場!
これはハスが大きくなる秋には、かなり有効なカラーで中層の釣りにはオススメのカラーであります。

沼エビブルーフレーク、レッドフレークもあります。
手前がハスカラー。

そして、知る人ぞ知る隠れた人気カラーである「グリーンパンプキンマックスブルーフレーク」もジャバシャッド(今回は5.5、4.5インチ)にとうとう登場です。
さすがに霞セレクトの大藪カラーだけあって、今年の北浦水系では非常に反応が高かったので、すかさずこのカラー採用させて頂きました。

霞ヶ浦水系では外せない当たりカラー。
グリーンパンプキンマックスブルーフレーク。

もちろん、濁っているフィールドではかなり効きますので、遠賀川辺りではかなり良いはずなので、マッディなフィールドでは使ってもらいたいカラーです。

ゲンちゃんセレクトカラー。
グリーンパンプキンマックスブルーフレークには、このステッカーが貼られています。

こうなると「マッディなフィールドで人気のあるダッドカットにも作らんわけにいかんでしょ〜」と言うわけで作っちゃいました。
かなり良い感じのカラーなので、こちらも是非とも使ってもらえればと思います。

ダッドカットにも藤木、大藪セレクトカラーが登場です。

「おやっ」、何だこれは?いったい誰が???

派手なこのカラーは何だ。

頼んだはずのないこんなカラーが届いてしまった。いったいなぜ・・・。
その後、犯人は特定出来ましたが(笑)この黒い男が勝手に忍び込み、ひそかにオーダーしたようです・・・

グリーンパンプキンレッドマックスフレークをオーダーした犯人です(笑)

見た目は「ザリガニ」って感じですが、今、流行の霞クローのマーカーチューニングを施すのもありです。
意外と釣れそうなので、普通の色(グリパン、ウォーターメロンなど)では満足出来ない方々!
一度使って見て下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ