IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > J-FUJIKI From the Garage


 
TOP50旧吉野川戦

旧吉野川戦が終わりました。
ここまでは、好調とは言えませんが何とかしのいで、“我慢我慢”の展開の試合ながら、今の自分の状態が「こんな物」であると認識し、辛くも凌いでいた状況であった。
しかしながら、今回の旧吉野川戦辺りで運勢は急上昇?すると勝手に思っていたのだが、蓋を開けてみれば、全くその逆で「やってしまった〜」状態になってしまった。
旧吉野川では昨年も予選敗退し、今年はかなりの意気込みで、昨年のリベンジを果たそうと昨年出来なかったプリプラも今年はみっちりと、させて頂く事も出来、しかも“秘密兵器”ともいえるアベラバもファーストサンプルが間に合い、プリプラでは連日50アップを捕獲する良い出来であった。

これがアベラバ、その使用感は使ってみれば一目瞭然。


このアベラバ、社長のアドバイスもあり、作ってみたらとんでもなく使いやすいラバージグへと進化して、もうこれ以外使う気がしないほどの武器となった。
これがあれば、予選も通過出来て、上位も十分に狙える安定したウェイトを出し続ける事が出来ると考えていたが、プリプラを終えた時点で、「一つだけ心配な点」があった。
それは、プリプラ期間中が増水日ばかりで、旧吉名物の「減水日」に当たらない事であった。

プリプラではこんなのがコンスタントにアベラバで釣れました。

かなり前の春に行われた試合のプリプラでは、凄い減水日に一度遭遇した事があったが、すさまじい勢いで水が流れ、一気に水位が下がって行き、見た事もない景色に・・・
唖然とするしかない状況を味わったのだが、今現在のパターンがこの流れの中で、通用するか(する分けは無いのだが・・・)試してみたかった。

54cmのバスとのファイト、ベイトフィネスの6lbラインなので、デカバスも確実にキャッチ出来ます。
これはアベラバの2.3gを使っています。

また、その水位で何を狙ったら良いか分からず、路頭に迷う可能性が十分にあったので、プリプラで体験できていれば、少なくても“やってはいけない”事ぐらいは認識しておけ、この状況が体験出来なかった事、これが最後の不安材料であった。

プリプラでは50アップも、アベラバでキャッチ。
面白いように釣れました。

試合初日、やっぱり橋桁やリップラップの下側の4mを狙うとグッドサイズをキャッチ出来、プリプラよりもサイズは下がっていたが、何とか4キロ弱で14位通過。
全て「アベラバ2.3g」にプロトのアンクルゴビー3インチのトレーラーで、エビが歩くごとく、ゆっくりなスピードで、ロッドは「アリウープのベイトロッド」に「KTFチューンのレボ」を使用し、ズル引き&ステイ、この方法で展開していけば、釣り残しのバスも釣る事が出来ていたので、水位さえ安定し、激流れにならなければ釣る自信はあった。

初日は4kg弱とまあまあの滑り出しでしたが・・・

しかし、2日目にその不安は的中し、橋桁は“激流れに・・・”
こうなってもやるしかなく、激流れの中で川崎橋で1本目をキャッチ、「行けるやん!」(これが罠だったような)と思い時間をかけ、残りの橋桁も丁寧にやるが、ゴミが流れ(切れ藻です)釣りにならない。
この切れ藻を攻略するのが、旧吉では重要な項目であるが、今回はこいつにやられました。
その後、何の気なしにウィードエッジに投げたアベラバにナイスキーパーがヒットし、このような展開をしてみるが、その後が続かず。
もし、ここでもう一本追加が出来ていれば、違った展開になっていたかもしれません。(これが突破口だったのかもしれないが、後の祭りです)
そしてあえなく“予選落ち”となってしまいました。

2日目はまさかの2本、懸念していた通りになってしまいました。

今回の旧吉戦で感じた事は、四国のバサーの結束は固く、マナーの良さも感じました。
この積み重ねが、旧吉野川の素晴らしい会場やスロープへと発展していったのだと感じました。
また、ギャラリーも炎天下の中、多くの方に集まっていただき、自分は戦っている姿をファンの方達に見せられなかったのが残念。
しかし、サインや写真を撮って頂き、楽しい一時を過ごさせて頂きました。

炎天下の中恐るべし数のギャラリーが、四国熱過ぎです。

そして、試合結果は社長が堂々の2位(毎日、明日はアカンと言っていたのに立派です)
馬淵リーは、初日は外したものの、2日目、3日目に爆発し、5位へと、ちなみにウェイトはブッチギリの1位です。
悔しい中でも嬉しい結果。

社長2位、馬淵5位。
今期好調の2人は違いますね〜。

社長はメインがアベラバという事で、このスモラバの凄さが分かります。
馬淵はセクシーアンクル5.5インチのネコリグ。
最近は商品ラインナップが充実してきて、イマカツ製品オンリーで、試合を戦えるようになって来ているのが、喜ばしい限りです。
最後に、これだけの素晴らしいフィールドや公園スロープを一般に提供して下さっている北島町の役員の方々は本当に地域を発展させようという意気込みを感じますね。

北島町の役員の方です。ありがとうございます。

全ての自治体が、こんなアクティブで開放的な行動をとって頂ければ、「もっと素晴らしいフィールドが増えるのにな〜」と感じました。
次の早明浦もこのようなフィールドなので、四国は釣り人にとっては天国のような土地だと感じました。
これからも団結して、守って行きましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ